ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大谷翔平は「金田+張本」「稲尾+王」「ダル+イチロー」?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 これまで大谷翔平(22、日本ハム)の二刀流を評価するにあたって引き合いに出されてきたのが、メジャーリーグで唯一、「10勝+10本塁打」を記録したことのある“野球の神様”ことベーブ・ルースだった。2014年に大谷が、「11勝+10本塁打」を記録した際は、ベーブ・ルース級と称された。そして、今季はついに「10勝+22本塁打」という未知の領域に。その活躍を、一体どう表現すればいいのか──。

「もはや、“野球マンガの主人公でもそんな奴おらへんやろ”とツッコミを入れたくなるレベルですよ」

 笑いながらそう話すのは、高校時代に報徳学園(兵庫)のエースとして夏の甲子園で全国制覇し、近鉄に入団してからは打者として活躍した金村義明氏だ。

「大谷が入団1年目の春季キャンプで、初ブルペンの投球と、その後の紅白戦でいきなり2安打したシーンを鮮明に覚えています。僕はもともと、大谷の二刀流は大賛成だった。新人時代から体はどんどん大きくなり、22歳となった現在も、投打に伸びしろを感じます」

 自身が持つ日本球界最速記録を更新したのもさることながら、打撃でも大きく成長の跡を残した。

「今季は、バットスイングの速さが増しました。イチローとは違って長打力を持っているし、ピッチングでも、大谷と同じ年齢だった頃のダルビッシュより上をいっている。過去の選手にたとえようとしても、もう適切な例が見当たりませんよ」(金村氏)

 では、さらに日本球界の歴史を遡ってみるとどうか。現役時代は驚異的なスタミナから“ガソリンタンク”と呼ばれ、プロ野球史上最多となる949試合に登板、350勝を挙げた米田哲也氏は、「スピードガンがなかった時代を振り返っても、大谷以上の球速の投手はいないんじゃないか」と語る。低めのコースに力強い直球を、正確に投げられる大谷の才能を最大限の賛辞で評価した。

「速い球を低めに集められるところが、同い年の藤浪晋太郎(22、阪神)との違いです。CSのソフトバンク戦での165キロも低めでした。体全体、特に下半身を使わないと、あの球は投げられない。体が柔らかくてスタミナもある証拠。とにかく素晴らしいと思う。

 この世界ではよく、高めの威力ある直球を、“球が浮き上がるよう”と表現します。カネさん(金田正一)も、勝負球のストレートは高めだった。キレがあるから浮き上がっているように見えるわけですが、打者からすれば同じような伸びのある球を低めに投げられた方がより脅威です。その意味では大谷のほうが凄い」

 米田氏には、打撃力を買われて球団から打者での入団を持ちかけられた逸話もあり、実際に2シーズンで5本塁打を記録している。

「当時は報復を恐れ、打席に入った投手には厳しいインコース攻めはなかった。私の場合、ヤマを張って、思い切り振っていたが、大谷は純粋にバッターとして勝負しての22本塁打ですから、やっぱり規格外でしょう。

 この大車輪の活躍ができる馬力を見ていると、かつて稲尾和久(西鉄)が1958年の日本シリーズで5連投の4連勝、しかもそのうち1試合は自らサヨナラ本塁打を打つという活躍で日本一になった姿と重なりますね。連投できる体力があったので、特に短期決戦にはめっぽう強かった。

 大谷は首脳陣から100球前後に球数を制限されていた時期もあったみたいだけど、彼のようなタイプは完投させるべきでしょうね。7回で100球に達したとしても、あと2回は惰性で投げられる。その馬力が稲尾を彷彿とさせるわけです」

 たしかにポストシーズンの活躍ぶりは“神様、仏様、大谷様”と称するに相応しいものだ。

 歯に衣着せぬ評論で知られる野球評論家の江本孟紀氏は、日本プロ野球のレジェンドたちの“組み合わせ”で表現しようとする。

「大谷は投手としても、野手としても、専念すれば昭和の大記録を更新できる力のある化け物です。投打を別の選手の組み合わせで考えれば、『金田正一+張本勲』『ダルビッシュ+イチロー』を超えているんじゃないでしょうか。打者としてだけみると王(貞治)さんに匹敵する力です」

 今季のギネス級の活躍で、すでに存在感では「ダル+イチロー」を凌駕し、3年連続30勝という未到の記録を持つ稲尾と868本塁打の世界の王という組み合わせで表現するしかない──そんな領域に達してしまったのか。

※週刊ポスト2016年11月4日号

【関連記事】
日ハム大谷翔平 元祖二刀流の金田正一氏と週刊ポストで対談
最もホームラン出やすい球場は東京D、出にくいのはナゴヤ
プロ野球珍記録 キャッチャーライナーや本塁打8本で7得点等

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP