体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

食欲の秋♪ ねこさんのキャットフードの量を測ってますか?

大事なかわいい我が家のねこさんたちのごはん、キャットフードを与えている方は多いと思いますが、毎日きちんとグラム数を測って与えていらっしゃいますか?

毎日のことだと、どうしてもおろそかになってしまって「だいたいこのくらい~」になっていませんか?
はい、そこのあなた。どうでしょう?
でも…実はかつての私もそうでした!

でも毎日のグラム数=給与量をきちんと測って与えるって実はとても大切なんです。
きちんと、というのがポイントです。
そんなことよりごはんはまだか?

そんなことよりごはんはまだか?

量を測ることがどのように大切かと言うお話の前に、パッケージに書かれている給与量(与えてほしい量)について少しお話をしますね。

キャットフードのパッケージには必ず、このフードは1日にどのくらいの量を与えてほしいかというのが、体重あたりのグラム数で表記されています。

ただ、この数字はあくまでも目安の量なんです。必ずしも同じ体重の全てのねこさんにとって絶対という量ではありません。

実際は表に記載されている量よりも多かったり少なかったり、というのがあります。なので、新しくフードを与える時はしばらく様子を見ながら調整していく必要があります。

その場合、分かりやすい変化の目安としては体重を測ることです。
迫力満点

迫力満点

フードを替えた時は少しの期間でも構いません。
いつもよりちょっとだけこまめに体重を測ってあげて、変化がないか確認して下さい。

もしどうしても体重を測れない、というねこさんの場合は、せめて触った感触でも構いません。
とにかく、体の変化があるかどうかを確認してあげて下さい。

あとは、食べ残しがどのくらいか、とか逆に足りなくてひっきりなしにおねだりしてしまうとか、そういうことも目安になります。
そうしているうちに、適正な量が分かってくるかと思います。

適正量が分かれば、次はその量を毎日しっかり守るということがとても大切です。今日一番にお話ししたいのはこのことです。

例えば、1日に40gのキャットフードを食べるとちょうど良い量だよ、という ねこさんがいるとします。
飼い主さんはいつも決まったスプーンでキャットフードをすくってお皿に入れてくれます。
ちゃんと気を付けてくれています。

…はい、ちょっと待って下さい。
そのスプーンですくったキャットフードは本当にいつも同じ量ですか???
40gのキャットフードです

40gのキャットフードです

日によって、なんとなく多かったり少なかったり、ありませんか?

実はキャットフードは、商品にもよりますが、ほんの数粒多いだけで簡単に1gになってしまいます。
1g画像_1

違う種類のフード、すべて1gです

1g画像_2
1 2次のページ
にゃんこマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。