ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Chim↑Pom個展でNDG、ハバナイ、VMOがパフォーマンス ーーライヴ・レポート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Chim↑Pomによる新作個展「また明日も観てくれるかな?~So see you again tomorrow, too? ~」が解体予定である歌舞伎町振興組合ビルにて10月31日(月)まで開催されている。その会期中である15日(土)深夜に同会場にてオールナイト・イベント〈ART is in The pARTy〉が行われた。

当日はさまざまなアーティストが出演。Nature Danger Gang、Have a Nice Day!、VMOといった歌舞伎町にある新宿LOFTに縁の深いバンドや、テンテンコ、ナマコプリ、会田誠もパフォーマンスを行ったほか、漫画家の新井英樹と俳人の北大路翼によるトーク・イベントも実施された。

この日はビル全体を使った展示会と並行するかたちで、主に会場の4階と地下1階がライヴ・スペースとなった。以下では15日に行われたNature Danger Gang、Have a Nice Day!、VMOのライヴの模様を中心としたレポートをお届けする。

▽▽▽▽▽▽

上記の3組がライヴを行った地下1階は、天井の鉄骨やパイプがむき出しとなったキャパが100人にも満たないほどの小さなスペース。この日はほぼ全アクトで入場規制が起きるほど大盛況のイベントとなった。

深夜1時を過ぎたころ、全員が顔を白塗りメイクで包んだVMOが登場する。彼らはVampilliaが国外メンバーを迎えて始めた新たなプロジェクトで、先日1stアルバム『Catastrophic Anonymous』をリリースしている。ライヴでは毎回多数のストロボライトを持参しており、その総電力量はアンプ56台分にもなるとのこと。

この日は「皆様、恐怖ってご存知ですか?」というMCからライヴがスタート。暗転する会場に大量のスモークが焚かれ、濃霧のような光景が広がった。“架空の西暦2099年世紀末音楽”をテーマに掲げる彼らのサウンドはブラックメタルとエレクトロニクスが融合したダークな色合いを帯びたもの。明滅するストロボによって視界がコマ送りにされるなか、断末魔のような叫びと大量のノイズが矢継ぎ早に耳に飛び込む。視界も遮断されるなか、ダイバーたちも現れ、まるでアトラクションのようなライヴを展開した。

その後、宇多田ヒカルのモノマネで知られるタレント“ミラクルひかる”によるパフォーマンスを挟み、続いて姿を見せたのはHave a Nice Day!。パンキッシュな1曲目「ゾンビパーティー」でフロアを焚き付けたあと、メロディアスな楽曲を次々に投下し、会場は大合唱とモッシュに包まれる。「LOVE SUPREME」ではヴォーカルの浅見や内藤がフロアの中央まで姿を現し、観客に囲まれるかたちでパフォーマンスを繰り広げた。また彼らが11月9日にリリースするアルバム『The Manual(How to Sell My Shit)』より、ギターがリズムを刻んでいくダンス・ナンバー「666」も披露した。

終盤ではもはや定番となった「Are you ready? (suck my dick)」「フォーエバーヤング」の流れからラストの「Blood on the Mosh Pit」へ。このなかで浅見の手振りでフロア中央に人の壁が作られ、曲のクライマックスでそれが混じり合い観客がもみくちゃになるなど、最後まで大きな盛り上がりをみせた。

そしてこの日地下スペースで最後のライヴ・アクトを務めたのはNature Danger Gang。この日は仮メンバーで女性の“めばちこ”も加わった編成でライヴを行った。序盤からメンバーが狭い会場の四方八方に散らばり、ポールダンスやそばを食べたり、火遊びをするなど、自由な空間を作り上げていく。今年4月にMVが公開された「桜おじさん」を始めとした多数の新曲もセットリストに織り込んでライヴは進行。またシマダボーイのパーカッションが全体的に存在感を増しており、各楽曲におけるダンスの側面がより強くなったと感じた。最後まで、このイベントのテーマである「Scrap and Build」に相応しいカオスなステージングを続け、イベントは幕を閉じた。

△△△△△

展示終了が迫る28日(金)にもライヴ・イベントは行われ、こちらには漢 a.k.a GAMI、菊地成孔、DJ BAKU、どついたるねんらが出演する。また先日、大森靖子が参加することもアナウンスされた。当日のライヴの模様はネット中継も予定されているので、こちらからも視聴していただきたい。

また先述したように、歌舞伎町振興組合ビルでのChim↑Pomの展示は31日(月)まで行われる。ビル全体に展示されている多数の作品群は「全壊する展覧会」として、、個展終了後にビルごと取り壊される。またそれらの残骸は拾い集められ、また新たな作品を再構築されるとのこと。開催終了まで残りわずかとなっているが、ぜひ展示会にも足を運んでみてほしい。(鶯巣大介)

・『また明日も観てくれるかな?』詳細
http://chimpomparty.com/

〈ART is in The Party Day 2〉
2016年10月28日(金)20:00-10月29日(土)6:00
料金 : 3,000円 (ドリンク代別)
出演 : MC 漢 a.k.a.GAMI / 菊地成孔 / DJ BAKU / 会田誠 / どついたるねん / 鉄割アルバトロスケット / 康芳夫 / 平井有太(マン) / ENDON / 大森靖子 / Chim↑Pom / and more

Food : Smappa! Group BRIAN BAR(新宿ゴールデン街) / Smappa! Group Miso Soup(新宿ゴールデン街)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP