ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

リバウンドしないくびれ、1日15回のひねりで手に入れる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

気持ちをしゃきっとさせてくれる黒のタイトスカート

くびれたウエストなら、よりバランスよく履きこなすことができます。

今回の「女子のためのトレーニング」では、おなかの筋肉を刺激して、くびれをキープできる「レッグツイスト」をご紹介します。

レッグツイストのやり方

1.あおむけに寝たら、手のひらを下にして両手を広げる

2.横から見たときに90度になるよう真上に足をあげ、足首をクロスさせる

3.足をゆっくり右に倒していく。このとき、足先は地面につけずギリギリのところで止める

4.ゆっくり足を真上に戻していき、同じように左にゆっくり足を倒していく

5.左右それぞれ15~20回繰り返す

足を倒すときに上半身がもちあがらないよう、腕でしっかりと支えるのがコツ。

また、足先が自分のほうに近かったり、逆に離れすぎたりするとおなかに負担がかからないので、しっかりと90度をキープすることがポイントです。

筋肉でくびれをつくるからリバウンドしない

ケツと太もも周りがいい感じに筋肉痛なのでレッグツイストいい感じ
— なるさす (@narusus) 2016年8月8日

試しにレッグツイストやってみたら驚くほどきつい
— かぷ (@fooomoto) 2016年9月12日

簡単そうですが、意外とキツイのがレッグツイストの特徴。足の重さで想像以上におなかに負担がかかるので、「これは筋肉がつきそう!」と実感しました。

足がどうしても地面についてしまうなら、はじめのうちはひざを曲げた状態でおこない、慣れたら足をのばすようにしましょう。

しっかり脇腹の筋肉を鍛えてシェイプすることで、くびれをキープすることができます。

写真/Shutterstock

■ あわせて読みたい

恋の始め方忘れた! ブリジットと一緒に恋を疑似体験してみる
そのまま街に出たい。J.Crewのアスレジャーはファッションだ
千駄ヶ谷でアクロバティックにヨガ
日曜夜の憂うつ消す。ホテルでだらだら→月曜しゃっきり仕事へ
犬呼吸マネしたらすごかった。声ほめられるし、脂肪燃焼
背筋が伸びると。手ぶらで歩くのがもっと気持ちよくなる
食欲を抑えたいなら、お風呂と運動は食事の前に済ませる

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP