ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

すべてビッグサイズ!?北欧のスタバ「エスプレッソハウス」でコーヒーブレイクしてみた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは! 小春日和です。突然ですが、皆さんはコーヒー派ですか? それとも紅茶ですか?コーヒーというと、ヨーロッパでは本場のイタリアやバル文化の根づくスペインを思い出しますが、実はスウェーデンも「フィーカ」という言葉がありコーヒー文化が浸透しているんです!「フィーカ」とは、「コーヒータイム」や「休憩」といった意味合いで、甘いお菓子とともにコーヒーブレイクを楽しむ習慣があります。私は毎日コーヒーを飲むほどコーヒーが好きでして、今回はスウェーデンでお薦めのコーヒーチェーンをご紹介したいと思います!独自の進化を遂げたコソボのコーヒーとはベトナムではヨーグルトコーヒーが流行中!

スウェーデンはコーヒー文化

北欧の国々ではコーヒーが良く飲まれ、スウェーデンも実はコーヒー文化。至る所にカフェがあり、朝の通勤前、仕事の合間など頻繁にコーヒーブレイクを取る習慣があります。冬が長く室内で過ごす時間が長い北欧の国々は室内の心地よさを追求するためか、居心地の良いお洒落なカフェが多いんです!今回ご紹介するのは北欧のスタバとも言われる「エスプレッソハウス」。スウェーデン、デンマーク、フィンランドで見かける手頃でお洒落なカフェです!街中を歩いているといくつかエスプレッソハウスの店舗を見かけるのですが、ストックホルムで私がお薦めしたい店舗は、あのノーベル賞の授賞式が行われるコンサートホールにある店舗です。入口はコンサートホールの横手にあります。店内の中に入ると落ち着いた照明が全体の空間を包み込み、ぬくもりのある木のテーブルがあります。入った瞬間から居心地の良さを感じます!ソファー席もあり1人でもご家族でもくつろげるスペース。思わず長居したくなっちゃいますよね。レジの前にはビッグサイズのジュースが並びます。北欧はベリー系のジュースが豊富です! カラフルでお洒落!ヘルシーフードもあります!軽食にピッタリなサンドイッチ。もちろん温めてくれます。ちょっとしたお惣菜もあります。コーヒーブレイクのお供に甘いマフィンはいかがでしょうか! かなりのビッグサイズです。私のおすすめはこのカフェ・ラテとシナモンロール! コーヒーにピッタリの甘さですコーヒーの種類も豊富。サイズは日本でいうLサイズがこちらでは普通サイズになります。エスプレッソハウスオリジナルのタンブラーもありますよ! カラフルでお洒落です!北欧のコーヒーは濃くなくて飲みやすいという印象です。もし気に入ったらコーヒー豆も売っていますよ!

北欧ではスタバを見かけない!

いかがでしたか? 北欧は独自のコーヒー文化がありあまりスターバックスを見かけません。北欧のプライドもあるのでしょうか? スタバに負けないくらいのお洒落なカフェで寒い冬はほっこりするのもいいですね!

Espresso House Konserthuset ?エスプレッソハウス コンサートホール店Espresso HouseのHPはこちらKungsgatan 43, 111 56 Stockholm, スウェーデン

センスが光る北欧のカフェ

冬が長い北欧は室内の居心地の良さを第一に考えるようで、インテリアや室内雑貨のセンスがピカイチです! ろうそくの温かいぬくもりのある雰囲気がとても大好きなのですが、思わず入ってしまいたくなるカフェがたくさんありますよ!

関連記事リンク(外部サイト)

「コソボ料理」の世界へようこそ。肉に始まり肉に終わる、バルカン半島の食生活とは
ストックホルムでノーベル賞の受賞者気分を味わう方法
パリならではのNUIT BLANCHE(ニュイ・ブランシュ)、体感しに来てほしい。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TRIP'S【トリップス】の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP