ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

勉強会「VRプロダクトにおけるデータ分析活用術」が11月14日に開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

株式会社クリーク・アンド・リバー社のゲームスタジオは11月14日(月)、VRを活用するための勉強会「VRプロダクトにおけるデータ分析活用術」を開催します。

VRにおけるデータ分析は、解析ツールが徐々に登場しつつあります。Facebookなどでも実装されているのが、「どこを見ていたか」という頭(視点)の動きのヒートマップを作成する技術。コンテンツ制作だけでなく、人が「何を何時間見るか」というデータをとることもできる、これまでにない非常に新しい分野の分析です。

「VRプロダクトにおけるデータ分析活用術」

この勉強会では、「AccessiVR(アクセシブル)」を開発している株式会社ダズルのマーケティング担当者とインフラ技術者を講師として招き、以下の2部構成でVRプロダクトにおけるデータ分析活用のノウハウを紹介するとのこと。

第1部 「VRにおける分析のポイント」(株式会社ダズル 高瀬実氏)

・VRプロダクト分析の重要性
・VR分析のポイント
・VRプロダクトのPDCA実例

第2部 「Scalaを活用したVR分析サービスのインフラ構想」(株式会社ダズル 高瀬実氏)

ソーシャルゲームでのScala運用実績を交えながら、AccessiVRのサーバーサイド開発やインフラ構想を紹介

開催概要

■日時
2016年11月14日(月) 19:30~21:30

■場所
株式会社GMOアプリクラウド内 GMOYours
東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー
地図:goo.gl/maps/BaQhmJyPdmp
※イベント運営はクリーク・アンド・リバー社ゲームスタジオの担当者が行いますが、開催地は株式会社GMOアプリクラウド内「GMOYours」となります。ご来場の際はご注意ください。

■対象
・VRコンテンツの開発を検討している企業担当者
・VRコンテンツを開発したけど運用・改善にまで手が回っていない企業担当者
・企業のデータ分析担当者
・プロダクトにおけるサーバーインフラ設計担当者

■定員
200名

■参加費
無料

■持ち物
・名刺2枚(受付時にいただきます)
・学生の方は学生証をお持ちください
※ハンズオンではないため、PCは不要です。

▼お申し込み・詳細はこちら
atnd.org/events/81944

(参考)
11/14(月)開催 VRプロダクトにおけるデータ分析活用術 ~「VRにおける分析のポイント」と「VR分析サービスのインフラ」~
www.cri.co.jp/news/information/20161025001745.html

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP