ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

かゆ〜い手の湿疹、それってただの荒れではなく主婦湿疹かも?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

だんだん寒くなるにつれて辛くなるのが水仕事。手の潤いがなくなり、荒れて一気に手が老けこんでしまいやすい時期です。手荒れは家事を頑張っている証拠だとよくいいますが、それに気をよくしていてはいけません。手荒れは早めに対処するにこしたことはありませんよ。手荒れを放っておくと、いずれ手湿疹へと進行するかもしれないのです。

主婦がなりやすい主婦湿疹

手湿疹は通称、主婦湿疹とも言われます。主に家事が原因で起こりやすく、手にのみ現れる湿疹だからです。主婦湿疹の原因は大きく2つに分かれます。一つはシャンプーや洗剤など薬剤の刺激によるもの、もう一つは、紙やお札などを触りすぎる摩擦による刺激によるものです。はじめは手の皮膚が硬くカサカサになり、ひび割れが起こったりしますが、症状が進むと手に炎症が起こり、湿疹や水疱、かぶれ、皮がめくれるなどの症状が現れます。主婦湿疹は主婦だけではなく、仕事柄、水を良く使う美容師や調理師などにも起こりやすい疾患です。

手の皮脂は失われやすいので注意!

本来、手は厚い角質層によって覆われているので、他の部分の皮膚と比べて丈夫だといえます。しかし手には汗腺が多くあるので汗はたくさん出るけれど、皮脂はあまりでないという特徴があります。そのため、手の皮膚を守っている皮脂が失われてしまうと、元に戻りにくく乾燥したままになり、荒れやすくなってしまうのです。特に水やお湯、洗剤に毎日のように触れていると、そのたびに手の皮脂が流れてしまい皮膚がむき出しなり、もろに刺激を受けて荒れていってしまいます。

主婦湿疹になった時の対処法

主婦湿疹が起こった手の肌は敏感になっています。一番良い改善方法は何も触らないようにして手を休めることです。しかし手を使わずに何もしないでいるというのは難しいことでしょう。家事などは最低限で行うようにして、できるだけ水やお湯、そして洗剤に触れないようにします。これらに触れる時は手袋をするようにして接触を防ぐことが大切です。また主婦湿疹は薬による治療が効果的です。

1,保湿剤による治療

皮脂によるバリア機能がなくなっている状態なので、保湿剤を1日に何回も塗って人工的な膜を作り保護します。ワセリンや亜鉛華軟膏がおすすめです。

2,ステロイド外用剤による治療

ひどい炎症が起こっている場合は、炎症を抑えるステロイド外用剤による治療が有効です。しかしステロイドには副作用があるので、医師の指導の元での使用をおすすめします。

主婦湿疹は一度ひどくなってしまうと、回復するまでに時間がかかります。主婦湿疹にならないためには、普段から手荒れのケアをして予防することが肝心です。普段からなるべく水・湯や洗剤との接触を避け、保湿剤をこまめに塗りましょう。特に寝る前には保湿剤をしっかり塗ってから休むとよいでしょう。また水仕事をする前に保湿剤を塗ってから手袋をすれば、水仕事中に手のパックができて肌がしっとりと潤いますよ。

writer:Akina

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP