ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、欧州版Galaxy Note 7のバッテリー充電量を60%に制限するアップデートを10月31日に開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung が欧州で発売された Galaxy Note 7 に対して、10 月 31 日よりバッテリーの充電量を上限 60% で制限するアップデートを配信すると発表しました。バッテリー充電量を 60% に制限するのは、リコール中でも依然として端末を使用しているユーザーにおける発火のリスクを軽減するために行われる安全対策の一環です。アップデートは強制的に実行されるので、来週以降、欧州モデルの使用時間は短くなると思います。Samsung はバッテリーの充電量がどのように発火リスクの軽減につながるのかは説明していません。充電量が減るとバッテリー満充電時の電圧も下がるので、発火につながりそうな熱エネルギーを下げるためにこうしたのではないかと思います。Source : Samsung

■関連記事
米国のGoogleストアでASUS Chromebook Flip(C100PA)の販売が終了
BlackBerry DTEK60のハンズオン動画
フォーリー、子供用の知育動画アプリ「えほんであそぼ!じゃじゃじゃじゃん」をソフトバンクのApp Pass向けに提供開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP