ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

時短も叶う♪ 体の冷えない秋茄子を使った「お坊さんの気絶」のレシピ♪

DATE:
  • ガジェット通信を≫

お坊さんが気絶する料理って聞いたことがありますか?!

「お坊さんの気絶」という料理を聞いたことがあるでしょうか?
これは実はトルコに実際あるイマーム・バユルドゥという料理名。
「美味しすぎて、お坊さんが気絶する」ということからつけられた料理名だそうですが、
日本でもお馴染みの野菜、ナスを使った簡単な煮込み料理なんです。
ナスはキュウリと同じく水分が90%。体の熱を下げる野菜です。
季節はもう秋ですので、体を冷やさないようショウガを使い、日本風のレシピにアレンジしました。

 

罪のおいしさ! 日本風「お坊さんの気絶」のレシピ♪

■材料(2~4人分)
・ナス…4〜5本
<詰める野菜>
・缶詰などのカットトマト…大さじ5(生トマトで半分くらい)
・玉ネギみじん切り…1/4個分
・ごま油…少々
・ニンニク…ひとかけ
・ショウガ…ひとかけ
・味噌…小さじ1
・砂糖(甜菜糖)…少々
・お好みでハラペーニョ酢漬け(ピーマンや青唐辛子でも良い)…少量

・ごま油…少々
・ニンニク…ひとかけ
・水…1/2カップ
・酒…1/4カップ
・醤油…少々

 

<作り方>
①ナスをピーラーでストライプ模様に皮をむき、1個づつラップに包んでレンジで5分ほど加熱し、冷まします。(取り出すとき、熱いので気をつけましょう)
②フライパンにニンニクひとかけをごま油で熱し、香りが立ったら玉ネギのみじん切りを炒め、トマトのみじん切り、お好みでハラペーニョを入れて炒め、味噌小さじ1、砂糖少々で味付けをして水分を飛ばすくらい炒めます。
③ナスの熱が冷めたら、皮をむいた部分から縦に切り込みを入れてボート状に開き、②で炒めた野菜を詰めてゆきます。
④フライパンにニンニクひとかけをごま油で熱し、野菜を詰めたナスを並べ少し焼きます。水と酒、醤油を入れ、蓋をして水分がなくなるまで煮込んでできあがり!

 

常備菜としても便利な料理なのですが、この季節に気をつけたいこと。
前述しました通り体を冷やす野菜ですので、この季節には体を温める食材と摂ったり、ぜひ温め直してからいただきましょう。

 

ちょっと意外!? ナスはファイトケミカルが豊富な野菜♪

秋のナス料理は、焼きナスがメジャーですが、こんな食べ方もいいと思います。
中に詰める野菜で色んな味が楽しめそうですね!
ナスは90%が水分でカロリーが低く、あまり栄養がないと思われがちなのですが、
「ナスニン」と呼ばれるファイトケミカルが含まれているんですよ!
その抗酸化力はブロッコリーやホウレンソウよりも強いとか。
季節に合わせた食べ合わせで、上手に抗酸化してゆきしましょうね!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP