体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【おでん記事まとめ】一年で一番おでんが売れる季節……実は秋! こんなのあったの? 集めました

f:id:Meshi2_IB:20160827193311j:plain

あー、うまそうなおでん! 秋風でちょっと肌寒くなってくると、コンビニでついおでんを買ってしまいます。そして、100円ショップでゲットした一人用土鍋に入れて、気分だけ渋くヤモメ酒を楽しむ『メシ通』編集部です。おでん食いてえ!

ってことで、今回は見ているだけで身も心もほっこり温まるようなおでん特集です。

まずは、変化球から。果たしてドイツで美味しいおでんを作ることはできるのか!?

ドイツでおでんを作ってみました

f:id:Meshi2_IB:20160828081218j:plain

ドイツのミュンヘンに嫁いだメシ通レポーターの溝口シュテルツ真帆が、現地の材料でおでん作りに挑戦します。

しかし……。

わたし、食べるのは大好きなんですが、料理となると……まだまだ新米主婦。エヘッ

日本にいたころは「月に1度料理すればよいほう」でした。冷蔵庫はいつでもすっからかん。

あ、コンロの上にずっと観葉植物を置いてたこともあったな……。

そう、それを見て昔の彼があきれてそのあとケンカになって……アハハ。

はい。

おでんなんて作ったことないんです!!

f:id:Meshi2_IB:20160827231921j:plain

とりあえず、だしの作り方を日本の母親に聞いて、材料を揃えてみました。

薄口しょうゆと、うどんのつゆや和風スープの素は自宅にない。

あるのは濃口しょうゆと料理酒(清水の舞台から飛び降りるつもりでドイツで買いました。たっかいんですよこっちだと!)、そしてだし昆布と鶏ガラスープの素は日本から持ち込んでたはず。

よし、これでだしはなんとかなりそう。

そして、高い日本食品店は使わずに、あえて地元のものだけで具を揃えてみるべく、ミュンヘンで最もにぎわう市場、ヴィクトアーリエンマルクトへ行きました。

f:id:Meshi2_IB:20160828081937j:plain

そこで、揃えたのがこれ!

f:id:Meshi2_IB:20160828082033j:plain

まずは、日本的な食材群。じゃがいも、玉子、太ネギ、大根。

f:id:Meshi2_IB:20160828082200j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。