ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

初音ミクがバレエダンサーに! 冨田勲追悼特別公演の画像を初公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2016年11月11日と12日に開催される【冨田勲 追悼特別公演 冨田勲×初音ミク『ドクター・コッペリウス』】の制作発表会見が、10月26日に四谷・JFICホール[さくら]にて行われ、バレエのコスチュームに身を包んだ初音ミクの画像が初公開された。

制作発表会見 写真

 会見には国際交流基金理事長の安藤裕康、指揮の渡邊一正、振付の辻本知彦、演出のことぶき光、音楽ライターの前島秀国、そして冨田勲の息子である冨田勝の5人が登壇し、前島は【ドクター・コッペリウス】の全体像を報道陣にレクチャー。この公演が、初音ミクにバレエを踊らせたいというのと、日本のロケット工学の創世記に携わった糸川英夫博士をモチーフにした作品をつくりたいという、2つの構想を合体させたものであることを明かした。

 公演当日は、3DCGとバレエダンサーが交わる立体映像装置も導入されるとのことだが、振り付けを担当したのは、日本人初のシルク・ドゥ・ソレイユのダンサーとして活躍する辻本知彦。作年の初顔合わせで、辻本はどうしてもこの人の前で踊りたいと思い、別れ際、タクシーに乗ろうとする冨田勲の前で踊ったというエピソードを話し、会場でもその時のダンスを披露した。

 この流れでバレエのコスチュームに身を包んだ初音ミクの画像が初公開され、また、70~80年代に冨田がオープンリール・テープに残していた秘蔵音源が見つかったことも伝えられた。この音源は公演でも使用されるという。

初音ミク写真:(C) Crypton Future Media, INC. www.piapro.net
記者会見写真:photo by Junichi Takekawa
冨田勲写真:photo by Yashuhiro Ohara

◎【冨田勲 追悼特別公演 冨田勲×初音ミク『ドクター・コッペリウス』】
2016年11月11日(金)開場 18:00 / 開演 19:00
2016年11月12日(土)開場 12:30 / 開演 13:30
2016年11月12日(土)開場 17:00 / 開演 18:00
Bunkamuraオーチャードホール
<演目>
第1部:『イーハトーヴ交響曲』「惑星 Planets Live Dub Mix」
第2部:『ドクター・コッペリウス』

関連記事リンク(外部サイト)

“手塚治虫タッチの初音ミク”冨田勲追悼特別公演とのコラボイラスト公開
冨田勲 追悼特別公演にDub Mixの巨匠エイドリアン・シャーウッドが出演
【ビルボード】追悼チャートの様相続く 冨田勲が3枚同時、中村紘子が2枚同時のチャートイン

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP