ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

平凡社、“七十二候”の暦で四季を感じながら奈良の情報を確認できるAndroidアプリ「奈良こよみ」をリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

平凡社は、四季の移り変わりを感じられる暦「七十二候」を軸にして古都 奈良の地域情報を配信する Android アプリ「奈良こよみ」をリリースしました。「奈良こよみ」は、1 年間を 72 の季節に分けて表現した暦「七十二候」(約 5 日)を用いて奈良県の文化や歴史、催事、行事、祭などの各種情報を配信する地域情報アプリです。アプリを起動すると、その時の暦が表示され、その季節に行われる行事や見どころ、おすすめスポットなど、様々な情報がカタログのような美しいレイアウトの記事で確認できるようになっています。七十二候で季節を感じながら、奈良の情報を一緒に見られるアプリとなっています。なお、アプリの情報は七十二候にちなんで約 5 日間隔で更新されます。「奈良こよみ」(Google Play)

■関連記事
フォーリー、子供用の知育動画アプリ「えほんであそぼ!じゃじゃじゃじゃん」をソフトバンクのApp Pass向けに提供開始
サークルK・サンクス/ファミリーマート/ドン・キホーテ/ゲオで3,000円以上のGoogle Playギフトカードを買うとゲームアプリ 「剣と魔法のログレス」のアイテムをもらえるキャンペーンを実施
KDDI、LTE対応ケータイ向け2段階制定額データサービス「ダブル定額Z(ケータイ)」に命名し上限金額を4,200円に引き下げ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP