体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

タイ旅行者は要チェック。国王ご崩御で気をつけたい旅の言動3つ

生活・趣味

首都のバンコクはもちろん、マレー半島のプーケット島など、世界的な観光地が目白押しの国・タイ。TABZINEでも「世界一周航空券でこんな旅【6】世界のロマンティックなスポットを巡る旅」「アジアナンバー1の観光地!年間2000万人が訪れるバンコクの魅力」などさまざまな記事で、その魅力を触れてきました。

タイ旅行者は要チェック!国王ご崩御で気をつけたい旅の言動3つ
そのタイで広く国民から敬愛されるプミポン・アドゥンヤデート・タイ国王が、先の10月13日15時52分、御崩御されました。そのため現在タイでは、国を挙げての服喪期間となっています。

異国の旅人からすれば、幾つかの注意が求められる時期。そこで今回はタイ国政府観光庁の情報をもとに、タイに旅行する日本人が気をつけたいポイントをまとめたいと思います。

1:外出時は暗めの服装を心がける

タイ旅行者は要チェック!国王ご崩御で気をつけたい旅の言動3つ

国を挙げて喪に服しているタイに旅する際には、やはり旅人もそれなりの配慮が求められます。タイ国政府観光庁も、「強制はしないが・・・」と断りを入れた上で、

<可能であれば外出時には暗めの色の礼節をもった衣服をお召しになる事をお勧めします>(タイ国政府観光庁の公式ホームページより引用)

と発表しています。南国で解放的な、露出の多い明るい色彩の衣類を着たくなるかもしれませんが、ちょっとだけ服装には配慮をしたいですね。

2:不謹慎な言動は慎む

タイ旅行者は要チェック!国王ご崩御で気をつけたい旅の言動3つ
次は言動について。『広辞苑』(岩波書店)で「服喪」という言葉を調べると、

<一定期間外出などを控え、身を慎むこと>(広辞苑より引用)

とあります。間違っても御崩御に関する失言は避けたいですし、礼節にかけるような言動は慎みたいです。

また、旅先で気分が高揚し、思わず浮かれ騒いでしまうかもしれませんが、この時期にバカ騒ぎをしていると、「日本人って・・・」と現地の人から白い目で見られるかもしれません。

プミポン・アドゥンヤデート・タイ国王といえば、1963年に国賓として日本に公式訪問をされていますし、東日本大震災の際には大変心を痛められていたと言います。

日本と決して無関係な方ではありません。そうした方が御崩御されたと思って、言動には一定の慎みを持ちたいですね。

■あわせて読みたい
バンコクで一番おいしいと評判のタイ料理店。タイの宮中料理をご賞味あれ!
大統領が宿泊する高級ホテルに活気溢れるストリート!タイ・バンコクの魅力
これが本当の生き地獄?タイの地獄寺へようこそ!

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会