ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

LDHがショーケースライブ第1弾を開催、宮田悟志、塩ノ谷早耶香、Leolaが共演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

EXILE、三代目J Soul Brothers、GENERATIONSやE-Girlsが所属する事務所LDHが開催する「LDH SHOWCASE LIVE MUSIC BOX vol.1」が10月25日東京・恵比寿アクトスクエアにて行われた。

このイベントは、LDHが誇る“ボーカリスト”たちがその歌声を存分に披露する場として、今後も定期的に行うことが発表されている。第1弾の出演者には宮田 悟志、塩ノ谷 早耶香、Leolaという実力とフレッシュさを兼ね備えた3人のソロ・アーティストが顔を揃えた。

まずは冒頭、3人でこのライヴのために作ったオープニング・ナンバー「Are We Gonna Dance」をいきなり披露。圧倒される客席に向けて畳み掛けるように宮田が所属していたBREATHEのファンクナンバー「Queen B」を3人で歌唱。

会場の熱気も上がりきったところでソロ・セクションのトップとしてLeolaが登場。全国30局以上のパワープレイに選ばれ、SamanthaThavasa CMソングとしてお茶の間にも届けられた「Let it fly」をキック。

続けて、11月23日に発売される3rdシングル「I & I」(フジテレビ ノイタミナ「舟を編む」エンディングテーマ、SONYハイレゾウォークマンWEBCMソング)を届けた。会場がLeolaの織りなす“太陽の歌声”に包まれる中、なんと塩ノ谷 早耶香が登場してLeolaの「Summertime」を2人でセッション。今回のイベントならではのコラボレーションに会場からもうれしい悲鳴が。

そのまま塩ノ谷 早耶香のステージへと展開。先日発売された6thシングル「SMILEY DAYS」をソロ・セクション1曲目に披露した。この楽曲はフィンランドのクリエイター合宿に参加し、よりアーティスト力を出した作品でもある。

続けて12月7日にリリースされる待望のバラード曲である7thシングル「魔法」を披露。ラジオのレギュラーもスタートし、多方面での実力を発揮する彼女から発信される透き通る伸びやかな歌声で観客を魅了すると、ここでは宮田 悟志が登壇してスペシャル・セッションを実現、塩ノ谷 早耶香のデビュー曲「Dear Heaven」を2人で歌唱するというサプライズを演出した。

BREATHE活動休止後、ライヴや舞台などで活動している宮田悟志のパートでは、自身もBREATHE時代にカヴァーをした鈴木雅之「53F」で一気にオーディエンスを独特の世界に引き寄せると、EXILE MATSUが演出を手掛けた舞台「かげろう」のメインテーマ「かげろう」を感情豊かに歌い上げた。

そして、自身がソロ活動を開始してからマシコ タツロウとともに作り上げたピアノ・バラード「僕はコウモリ」をLeolaと披露。

会場が一旦落ち着いた雰囲気になったところで3人が改めてステージに集結。ここでは平井堅「even if」をギター1本で3人が歌い上げたのだった。

さらにライヴ終盤には、宮田の口から「年内にソロツアーを開催する」というサプライズな告知に会場からは大歓声。その勢いのまま3人のコラボでLeolaのデビュー曲「Rainbow」、BREATHE「TWINKLE」というアッパーな楽曲を披露し、会場のボルテージはMAXに。

ラストには、このライヴのために制作された楽曲「VOICE」を歌い切り、圧巻の歌声を響かせた贅沢な時間となったSHOWCASEは幕を閉じた。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP