ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

最新映画も有料放送も観られる「UBOX3」とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

昔に比べて画質がきれいになり、番組総数が爆発的に増加したテレビ。一方で、有料視聴やコピー回数が制限されるなどの制約も増えてしまいました。しかし、そんな制約をいとも簡単に飛び越えるツールが「UBOX3」。UBOX3は最新映画も有料放送も観られるマルチメディアプレーヤーなのです。

UBOX3はフリーダム過ぎる仕様

「UBOX3」はテレビ接続型の中華Android端末で、ストリーミング配信などの動画視聴に特化されたもの。Androidで動作する映像端末といえば、Amazonの「FireTV」をはじめさまざまなツールがあります。

そんななか、UBOX3の最大の特徴は中国製ゆえのフリーダム過ぎる仕様です。メーカーや販売店では「外国語などの語学学習に最適」などとうたっています。しかし、ぶっちゃけていうと最新の映画やアニメが見放題、しかも広告表示もほとんどなし…という仕様が人気の秘密となっています。

例えば、UBOX3で衛星放送視聴用の「newUBTV」アプリを使うと、キー局、独立U局、関西テレビや読売テレビなどの関西準キー局がリアルタイムで配信。さらには衛星放送も見放題でした。

UBOX3では最新映画も視聴可能

さらには、UBOX3では公開されたばかりの最新映画もオンデマンドで勝手に視聴可能。中国、韓国、日本をはじめ、洋画なども網羅し、人気映画が全編視聴可能でした。映像品質と埋め込みの著作権表記から、関係者向けスクリーナーDVDが流出したものと思われます。

しかもセッティングは、LANケーブルでネットにつないだUBOX3をHDMIケーブルでテレビに接続すれば終了。ほとんどの機能はリモコンのボタンのみで、直感的に操作できます。

UBOX3の型番は「UBOX3 S900 Pro 16G」。UNBLOCK TECH(安博科技)製です。OSはAndroid、映像出力端子はHDMI×1、コンポジット×1となっています。サイズは100W×100H×22Dmmで、重さは100g。実勢価格は24,624円です(文/張三李四)

関連記事リンク(外部サイト)

ニコニコ動画をアカウントなしで視聴する方法
Amazon Fire TVの機能を強制的に拡張する方法
KODIをAmazon Fire TVにインストールする方法
動画をダウンロードする際のボーダーラインとは
YouTubeの検索テクニックを駆使して動画を探す

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP