ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プノンペンのオススメ観光スポット30選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カンボジアの首都・プノンペンをご存知でしょうか?カンボジアといえば、やはり世界遺産のアンコールワットが有名で、その他は実はあまり知らない…という方も多いのでは?

首都・プノンペンは、日々成長を遂げている活気ある街として知られ、近代的な建物も多いながら、王宮や寺院などアジアらしいオススメ観光スポットもたくさんあります。

今回はそんなプノンペンへ旅行に行った際に、必ず訪れたい観光スポット30ヶ所をご紹介いたします。

 

1.キリング・フィールド(チュンエク)

photo by shutterstock

今から30年ほど前に、ポル・ポト政権下で多くのカンボジア人が大量虐殺にあいました。

虐殺の刑場跡は「キリング・フィールド」と呼ばれ、カンボジア国内に複数ありますが、チュンエクにある刑場が最も有名です。カンボジアの歴史を知るためにも、一度は足を運びたい場所です。
■詳細情報
・名称:キリング・フィールド
・住所:Phnom Penh, カンボジア
・アクセス:王宮(Royal Palace)から車で30分
・マップ:
・営業時間:7時30分~17時30分
・料金:大人:5USドル、 子供:4~11歳:3USドル、3歳以下無料
・公式サイトURL:http://www.cekillingfield.org

 

2.トゥール・スレン虐殺博物館

photo by shutterstock

クメール・ルージュ(カンボジア共産党)支配下において設けられていた政治犯収容所で、当時は数万人が収容されていたと言われています。

収容されれば生還できるものはほとんどおらず、現在はここは、当時の残虐行為を現代に伝える博物館として利用されています。
■詳細情報
・名称:トゥール・スレン虐殺博物館
・住所:Street 113, Phnom Penh, Cambodia
・アクセス:王宮(Royal Palace)から車で8分
・マップ:
・営業時間:7時~17時30分
・電話番号:+359 88 820 2037
・公式サイトURL:http://www.tuolslenggenocidemuseum.com

 

3.カンボジア王宮

photo by shutterstock

首都プノンペンの中心地にある「カンボジア王宮」。

トンレサップ川沿いに建つ黄金色の宮殿で、現国王の居住の場であり、また様々な公務が執り行われる場所でもあります。
■詳細情報
・名称:カンボジア王宮
・住所:Samdach Sothearos Blvd, between Street 240 & 184, Phnom Penh
・マップ:
・営業時間:8:00-11:00 / 14:00-17:00
・定休日:式典時
・電話番号:+855 96 247 3471
・料金:25,000リエル 又は 6.25 米ドル (王宮・シルバーパゴダ共通) 6歳未満無料

 

4.シルバーパゴダ

photo by shutterstock

カンボジア王宮の南側に隣接する壮麗な仏教寺院「シルバーパゴダ」。今から約100年前、ノロドム王時代に建立された寺院で、仏教祭礼時に利用されています。

内部には、数千個のダイヤがちりばめられた黄金の仏像などが安置されているそうです。
■詳細情報
・名称:シルバーパゴダ
・住所:Samdach Sothearos Blvd,Phnom Penh
・アクセス:セントラルマーケットから車で5分
・マップ:
・営業時間:8:00~11:00 14:00~17:00
・料金:6.25ドル

 

5.シンワット・キー

Emilyさん(@emilyinkorea)が投稿した写真 – 2015 8月 23 7:28午前 PDT

トレンサップ川に面したおしゃれなエリアで、カフェ、レストラン、ホテルなどが建ち並び、昼夜問わず外国人客で賑っています。

遊歩道も整備されているので、川の散歩がてら遊びに行ってみてはいかがでしょう?
■詳細情報
・名称:シンワット・キー
・マップ:

 

6.セントラルマーケット

photo by shutterstock

カンボジア最大のマーケットある「セントラルマーケット」。ドーム型になっているのが特徴的で、食料品から衣料品まで様々な品が集まります。

観光客と地元民で賑わう、活気溢れる市場です。
■詳細情報
・名称:セントラルマーケット
・住所:Neayok Souk, Phnom Penh 855 カンボジア
・アクセス:プノンペン駅から徒歩すぐ
・マップ:
・営業時間:7:00~17:00
・電話番号:+855 10 405 086

 

7.ボパナ・センター

Sovannorak Delu Leeさん(@delusional.27)が投稿した写真 – 2016 8月 28 10:22午後 PDT

「ボパナ・センター」は、プノンペンにある映画・映像資料館です。

クメール統治下の映像などが鑑賞でき、またカンボジアの歴史やライフスタイルなどについての資料も数多くあるので、是非立ち寄ってみてください。
■詳細情報
・名称:ボパナ・センター
・住所:64, 200 Oknha Men St. (200), Phnom Penh, カンボジア
・マップ:
・営業時間:(月~金)8時~12時、14時~18時 (土)14時~18時
・定休日:日曜日
・電話番号:+855 23 992 174
・料金:無料
・公式サイトURL:http://bophana.org

 

8.プノン・チソール

photo by shutterstock

プノンペンの南約60km、国道2号線を東に5kmほど入った小高い山上に建つヒンドゥー教の寺院です。

なんとアンコールワットよりも古い11世紀に建設されたものらしく、戦乱で多くは破壊されてしまったものの、現在でも一部見学可能です。
■詳細情報
・名称:プノン・チソール
・住所:Stariway of Chiso Mountain from the E, カンボジア
・アクセス:プノンペンから車で約1時間30分〜2時間
・マップ:
・料金:2ドル

 

9.ワット・プノン

photo by shutterstock

プノンペン最古の寺院で、「ワット・プノン」とはクメール語で「山の寺院」を意味します。

言い伝えによれば、昔、ペン夫人という人が川に流れ着いた流木の中に仏像を見つけ、小高い丘(プノン)に寺院(ワット)を建てて仏像を祀ったのが元になった、とされています。
■詳細情報
・名称:ワット・プノン
・住所:Preah Norodom Blvd
・アクセス:王宮から北に1.5km
・マップ:
・営業時間:7:00〜18:30
・電話番号:+855 10 405 090
・料金:1ドル
・公式サイトURL:http://www.locomo.org/phnompenh/pointofinterest.htm

 

10.ワット・ウナロム

photo by shutterstock

プノンペンで規模の一番大きい仏塔を持ち、カンボジア仏教の中心的役割を果たす寺院です。

ウナロムとは「眉毛」という意味だそうで、高僧の眉毛が仏塔に納められていると伝えられています。
■詳細情報
・名称:ワット・ウナロム
・住所:Ly Yoak Lay St. (172), Phnom Penh 12000 カンボジア
・マップ:
・営業時間:6時~18時
・電話番号:+855 17 363 391

 

11.ワット・ランカ

elle denneyさん(@elle_denney)が投稿した写真 – 2015 10月 12 9:14午後 PDT

プノンペンを代表する観光名所の一つといえば、ここ「ワット・ランカ」です。

繁華街のすぐ隣にある寺院で、多くの仏塔から成り、その堂々とした姿には思わず圧倒されます。
■詳細情報
・名称:ワット・ランカ
・住所:Samdach Louis Em St. (282), Phnom Penh, カンボジア
・アクセス:ボンケンコン地区(繁華街)の隣。独立記念塔からすぐ
・マップ:

 

12.独立記念塔

photo by shutterstock

「独立記念塔」は、フランス支配からの独立を記念して建てられましたモニュメントです。

アンコールワットの中央塔を意識して作られたという記念塔は、夜はライトアップされ、カンボジアの独立を美しく象徴します。
■詳細情報
・名称:独立記念塔
・住所:Sangkat Boeng Keng Kang Ti Muoy, Phnom Penh
・アクセス:シハヌーク通りとノロドム通りの交差点の中央
・マップ:
・公式サイトURL:http://www.locomo.org/phnompenh/pointofinterest.htm

 

13.オリンピックスタジアム

photo by shutterstock

サッカーカンボジア代表のホームスタジアムであり、国際試合などもここで行われます。

1964年に設立されたこのスタジアムは、数年前までプノンペン市内で最も大きな建造物の一つでした。
■詳細情報
・名称:オリンピックスタジアム
・住所:Charles de Gaulle Blvd (217), Phnom Penh 12253 カンボジア
・アクセス:セントラルマーケットが起点になるシャルル・ドゴール通りから1.2キロ
・マップ:
・営業時間:コンサートやサッカーの試合がなければ 7時から暗くなるまで
・電話番号:+855 86 734 905
・公式サイトURL:http://www.noccambodia.org/website/?lang=kh

 

14.ナイト・マーケット

eveefoodjourneyさん(@eveefoodjourney)が投稿した写真 – 2016 6月 1 6:57午前 PDT

毎週金・土・日曜の夜に開催されるナイト・マーケットは、プノンペン市民はもちろんのこと、観光客にも人気の場所です。

衣料品や雑貨、工芸品、そして食べ物の屋台と見所満載!お土産を購入するのもオススメですよ。
■詳細情報
・名称:ナイト・マーケット
・住所:トンレサップ川沿いの公園
・マップ:
・営業時間:(金・土・日)17時~23時頃
・定休日:月曜日~木曜日

 

15.国立博物館

photo by shutterstock

クメール彫刻や王家の紋章など、歴史的価値の高いクメール時代の芸術品や仏像を展示している博物館です。

展示品だけでなく博物館自体も素敵なので、一見の価値あり!敷地内の庭園も手入れが行き届いていてきれいです。
■詳細情報
・名称:国立博物館
・住所:Preah Ang Eng St. (13), Phnom Penh, カンボジア
・アクセス:プノンペン駅からバイク車などを利用
・マップ:
・営業時間:8:00~17:00
・電話番号:+855 23 217 643
・料金:入場料5$ 館内日本語ガイド3$~カメラ持込み1$/ビデオ3$
・公式サイトURL:http://www.cambodiamuseum.info

 

16.アプサラ・アーツ・アソシエーション

Lizさん(@lizong88)が投稿した写真 – 2014 10月 11 9:30午前 PDT

カンボジアの伝統的なダンスである、アプサラダンスの復興を目的として設立されたNGO団体です。

週に一度(土曜日の夜)定期的にダンスの公演を行っているので、興味のある方は是非観に行ってみてはいかがでしょうか?
■詳細情報
・名称:アプサラ・アーツ・アソシエーション
・住所:St 598, Phnom Penh, カンボジア
・アクセス:セントラルマーケットからトゥクトゥクなどで15分程度
・マップ:
・営業時間:7:30~10:30、14:00~17:00
・定休日:日曜、祝日
・電話番号:+855 12 857 424
・料金:無料ですが、活動の趣旨に賛同される方に寄付をつのっています(5ドル程度)
・公式サイトURL:http://www.apsara-art.org

 

17.ソヴァンナ・プーム・アソシエーション

J E R E M Y J O H N S O Nさん(@jeremyjohnson1)が投稿した写真 – 2016 7月 15 9:18午前 PDT

カンボジア伝統の影絵芝居を行っているNGO団体で、毎週末金&土曜日の午後7時半~8時半まで公演をしています。

大きな型紙をつかって作られた人形や背景を動かす影絵芝居はなんともユニーク!他ではなかなか見ることができないので、是非とも足を運んでみましょう。
■詳細情報
・名称:ソヴァンナ・プーム・アソシエーション
・住所:No. 166, St. 99, corner of St. 484, 12307 Phnom Penh, St 99, Phnom Penh, カンボジア
・アクセス:王宮からトゥクトゥクで約10分
・マップ:
・営業時間:(金・土)19:30~20:30
・定休日:日~木
・電話番号:+855 10 337 552
・料金:10ドル
・公式サイトURL:http://sovannaphumtheatre.com

 

18.ニョニュム・ショップ

paperback magazineさん(@paperback.asia)が投稿した写真 – 2015 2月 5 9:17午後 PST

カンボジア全土から集めた伝統工芸品や手工芸品を扱う、日本人経営の日用雑貨セレクトショップです。

日常生活で利用できる可愛くてオシャレな雑貨が多数あり、お土産購入の場所としてもオススメです。
■詳細情報
・名称:ニョニュム・ショップ
・住所:Phnom Penh, No. 4, St. 432, Sangkat Boeung Trobaek, Khan Chamkamon,カンボジア
・マップ:
・営業時間:9:00~17:30
・定休日:正月、お盆以外は無休
・電話番号:+855 12 500 052
・公式サイトURL:http://www.cisinc.co.jp

 

19.ソリア・ショッピングセンター

Kristi Eatonさん(@kristieaton)が投稿した写真 – 2015 4月 19 11:35午後 PDT

セントラルマーケットのすぐそばにある「ソリア・ショッピングセンター」は、プノンペン初のデパートです。

ショッピングだけでなく、映画館やローラースケート場など施設も充実しており、子供から大人まで多くの人で賑わうスポットです。
■詳細情報
・名称:ソリア・ショッピングセンター
・住所:11-13 Preah Trasak Paem St. (63), Phnom Penh, カンボジア
・アクセス:セントラルマーケットから徒歩ですぐ
・マップ:
・営業時間:9:00-20:00
・電話番号:+855 23 210 018
・公式サイトURL:http://www.soryacenterpoint.com

 

20.ラジャーナ

Rajana Craftsさん(@rajanacrafts)が投稿した写真 – 2016 7月 12 2:19午前 PDT

NGO団体が経営する雑貨店で、カンボジアの発展のために建てられました。

カンボジアらしい、素朴だけれども味わいのある手工芸品を数多く取り扱っています。
■詳細情報
・名称:ラジャーナ
・住所:St 450, Phnom Penh, カンボジア
・マップ:
・電話番号:+855 23 993 642
・公式サイトURL:http://rajanacrafts.org

 

21.チュロイチョンワー橋(日本橋)

Yannさん(@peayean_py)が投稿した写真 – 2016 7月 23 2:37午前 PDT

トンレサップ川にかかる全長約700mの橋で、カンボジアと日本の友好のしるしです。

シアヌーク時代に日本企業が建設しましたが、1979年にクメール・ルージュによって一旦は爆破されてしまいます。しかしながらその後、1994年に見事に修復されました。
■詳細情報
・名称:チュロイチョンワー橋
・マップ:

 

22.Lady Penn Designs

シルクのドレスやバッグなど、カンボジア人の職人が手作りしている商品を販売しています。天然の素材を使用しており、時間が経っても色が落ちないファブリックが魅力です。
■詳細情報
・名称:Lady Penn Designs
・住所:No. 373Eo, Preah Sisowath Quay, 12206 Phnom Penh
・マップ:
・営業時間:8時~22時
・電話番号:+855-23-215-884
・公式サイトURL:http://ladypenh.webs.com

 

23.ヘン・ソハル・ギャラリー

多くのギャラリーが並ぶ、国立博物館の前にある「ヘン・ソハル・ギャラリー」では、芸大生やカンボジアを代表するヘン・ソハル氏の作品を鑑賞することができます。アート好きな方必見のスポットです。
■詳細情報
・名称:ヘン・ソハル・ギャラリー
・住所:No. 39C, Preah Ang Makhak Vann (St. 178), 12206 Phnom Penh
・マップ:
・営業時間:7時~18時
・電話番号:+855 12 997 771 (携帯電話)

 

24.オルセーマーケット

Winston Boonさん(@winston_boon)が投稿した写真 – 2016 6月 13 6:10午前 PDT

カンボジアのプノンペンにある「オルセー・マーケット」は、現地の人々が使うローカルマーケットとして知られており、食料品や日用雑貨など、さまざまなものを扱っています。

また夜にはマーケットの前に屋台が開かれ、食事を楽しむこともできます。
■詳細情報
・名称:オルセーマーケット
・住所:Oknha tp phan, Phnnom Penh
・アクセス:キャピタル バス乗り場 から徒歩すぐ
・マップ:
・営業時間:5時頃から16時頃(店により異なる)
・公式サイトURL:http://www.tourismcambodia.com/travelguides/provinces/phnom-penh/what-to-see/329_orussey-market.htm

 

25.最高裁判所

Bさん(@bezaddling.ucinorn)が投稿した写真 – 2016 3月 18 5:31午後 PDT

プノンペン中心部にある最高裁判所は、まるで寺院のような美しい外観が特徴です。中に入ることはできませんが、その美しい建築を一目見ようと多くの観光客がここを訪れています。
■詳細情報
・名称:最高裁判所
・住所:Samdech Sothearos Blvd (3), corner of Oknha Chun (St. 240), 12207 Phnom Penh
・アクセス:サンウェイホテルプノンペン近く
・マップ:
・公式サイトURL:http://www.eccc.gov.kh/

 

26.トンレサップ湖

photo by shutterstock

シェムリアップの南約10kmの所に広がる、東南アジア最大の湖として知られる「トンレサップ湖」。

100万人を超える水上生活者が水上村に住んでいることで有名な場所です。
■詳細情報
・名称:トンレサップ湖
・住所:11km South from Siem Reap Town
・アクセス:シェムリアップ市内中心地から遊覧船乗り場まで車で20分程度(乾季は45分)
・マップ:
・電話番号:(012)772656
・公式サイトURL:http://www.tourismcambodia.com/travelguides/provinces/siem-reap/what-to-see/76_the-great-lake-tonle-sap-floating-village.htm

 

27.ウドンの仏塔

Francesca Fiori Nastroさん(@f_fiorinastro)が投稿した写真 – 2016 9月 2 8:42午前 PDT

プノンペンから北・約50kmの場所にある古都・ウドンの山の頂にある「ウドンの仏塔」。ここには、王都時代の面影を残す複数の仏塔や寺院が残っています。
■詳細情報
・名称:ウドンの仏塔
・住所:Oudong
・アクセス:プノンペンでトゥクトゥクかタクシーをチャーター。または、ツアーに参加
・マップ:
・料金:入域料金として5ドル
・公式サイトURL:http://www.tourismcambodia.org/provincial_guide/index.php?view=attdetail&prv=16&att=124

 

28.イオンモールプノンペン

日本でもおなじみの複合商業施設「イオンモール」がプノンペンにもあるんです!シネマコンプレックス、電気屋、ゲームセンター、100円均一ショップ、日本のお土産物屋などなど、様々な物を取り揃えています。

カンボジア最大のショッピングセンターで、お土産物探しにもおすすめの場所です。
■詳細情報
・名称:イオンモールプノンペン
・住所:#132,Street Samdach Sothearos, Sangkat Tonle Bassac,Khan Chamkarmon, Phnom Penh
・アクセス:プノンペン中心地からトゥクトゥクで10~15分
・マップ:
・営業時間:8時から22時(一部9時から24時)
・公式サイトURL:http://aeonmallphnompenh.com/

 

29.ロシアン・マーケット

@desibakerboyが投稿した写真 – 2016 9月 22 2:37午前 PDT

「ロシアン・マーケット」は外国人観光客に人気の大型市場として知られています。

カンボジアの民芸品、骨董品、食料品ほか、日常で使われている必需品など様々な品物が売られています。

■詳細情報
・名称:ロシアン・マーケット
・住所:South of Mao Tse Toung Blvd
・アクセス:セントラル・マーケット(Central Market)から車で20分
・マップ:
・営業時間:7時~18時30分

30.リナ料理教室

Mathias Ehrenbergさん(@mathiasehrenberg)が投稿した写真 – 2015 7月 18 3:41午前 PDT

「リナ料理教室」は、プノンペンで人気と料理教室として知られており、旅行者からも大変人気があります。ここ以外では学べない、クメール料理のことを知るチャンスです!

是非、クメール料理体験コースに参加してみましょう。
■詳細情報
・名称:リナ料理教室
・住所:No.LH44, St 265, Phnom Penh
・アクセス:ソムノン12市場近く
・マップ:
・営業時間:9:00~16:00
・電話番号:+855 16 666 623
・料金:44ドル
・公式サイトURL:http://www.linnacooking.com/

 

まだまだ知りたい!プノンペンの魅力

悲しい歴史を持つカンボジアですが、その分、私たちが旅行に行った際、学べることも大きいような気がします。またカンボジア独特の工芸品やダンスなど、日本とは全く違った東南アジアならではの文化も気になりますね。

皆さんの気になる観光スポットは見つかりましたか?プノンペンで素敵な旅を☆

関連記事リンク(外部サイト)

カンボジアの知られざる過去…歴史は旅を豊かにする!
カンボジアで必ず買いたいお土産ラインナップ6選
えぇそんなコトに!? 「テラハ海外版」カンボジアのシェアハウス赤裸々事情
カンボジアの首都プノンペン!絶対外せないおすすめスポット9選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP