ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

年末ジャンボミニ1億円 当たりやすさはロト6の4倍以上

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 10月も下旬になり、そろそろ年末のことを考え始める人も多いのでは? 宝くじファンにとっての年末といえば、1等と前後賞合わせて10億円が当たる「年末ジャンボ宝くじ」だろう。

 しかし、実はこの時期、そのほかにもお楽しみが満載。その1つが、1億円が当たる「年末ジャンボミニ1億円」だ。同じく1等1億円が当たる「ロト6」に比べると、なんと当たりやすさが4倍以上となっているのだ。

 さらに今年は、1等1000万円が当たる「年末ジャンボプチ1000万」も新登場。現在発行されている宝くじの中で、1000万円の当せん確率が最も高いのは、約17万分の1の「ミニロト」だが、「年末ジャンボプチ1000万」はそれを上回る10万分の1という設定だ。

 価格はどれも1枚300円で、大晦日に抽せんが行われる。当たりやすさがぐんと上がる、まさに“お年玉”な宝くじの数々。発売日の11月24日が楽しみだ。

※女性セブン2016年11月3日号

【関連記事】
年末ジャンボ 昨年は1等2億円7本含め未換金くじが増加
年末ジャンボ 過去5年当せん番号から最も出ている数字算出
年末ジャンボくじ 今年は一等前後賞あわせて史上最高の6億円

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP