ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人気グルメブロガーが紹介する全国ご当地餃子MAP

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 近年ではご当地グルメが大ブームだが、それは餃子とて例外ではなく、全国各地でご当地餃子がしのぎを削っている。グルメブログやインスタグラムが絶大な人気を誇るグルメエンターテイナー・フォーリンデブはっしー氏が、全国のご当地餃子とその名店を紹介する。

【福島】「円盤餃子」
 満州からの引揚者たちが、現地で味わった餃子をもとに作り上げた福島餃子。戦後、バラックで作りやすいようにフライパンに丸く並べた。創業昭和 29年の老舗の餃子は、極限まで薄くした皮がパリッ、赤身90%の豚肉と細かく刻んだ野菜がトロリ。

『照井 飯坂本店』
住所/福島県福島市飯坂町字錦町 1-21

【栃木】「宇都宮餃子」
 30軒以上の餃子専門店がひしめく餃子の町・宇都宮。焼きだけでなく、ゆで、蒸しも楽しめる。1日かけて食べ歩くファンも多い。めんめんは白菜の甘みを引き出すため、ニンニクは控えめ。ラー油にお酢だけのタレで食すのがツウ。

『めんめん』
住所/栃木県宇都宮市二荒町5-13

【東京】「蒲田羽根つき餃子」
 都内の餃子タウン蒲田は羽根つき餃子が特徴。“美味しそうに見せるため”がスタートだったが、パリパリの食感が受けてファンが急増。歓迎の餃子はニンニクを使わず、隠し味に生姜を使用。ニンニクタレも合わせて楽しみたい。  

『歓迎 本店』
住所/東京都大田区蒲田5-13-26

【静岡】「浜松餃子」
 消費量で宇都宮を凌ぐ浜松餃子。名産のキャベツ、玉ねぎをふんだんに使った甘みのある味が特徴。創業 40年のかめは季節ごとに水分量の違うキャベツを塩もみの加減で最適に調節。素材のホクホクとジューシーな汁が五感を刺激。タレなしでも美味しい。

『餃子の店 かめ』
住所/静岡県浜松市東区中野町1030-1

【三重】「津ぎょうざ」
 学校給食から生まれた津ぎょうざ。直径 15cmの皮を使う揚げ餃子を定義とし、そのボリュームはインパクト大! 氷花餃子では粗めの豚肉ミンチと野菜をたっぷり詰め、ひとくち噛めばジュワッと肉汁が溢れ出すほどジューシー。

『氷花餃子 津新町店』
住所/三重県津市南丸之内16-16

【大阪】「高槻うどんギョーザ」
 見た目はまるでお好み焼き!? 皮で包まないユニークな高槻うどんギョーザは高槻市北部の家庭料理がルーツ。細かく刻んだうどんをミンチ肉やニラ、椎茸、卵と混ぜて焼き、ポン酢で食す。カフェド・マリンナでは、ポン酢をだしがきいたジュレに。

『カフェド・マリンナ』
住所/大阪府高槻市高槻町5-24

【兵庫】「味噌だれ餃子」
 旧満州の日本人居住区で食された味噌だれの餃子を元祖ぎょうざ苑が日本へ紹介し、神戸に根付く。創業から3代受け継がれる秘伝の味噌だれがポイント。餃子は A5ランクの神戸牛入り!

『元祖ぎょうざ苑』
住所/神戸市中央区栄町通2-8-1

【高知】「屋台餃子」
 “屋台と餃子とビール”の文化が育まれる高知。屋台では酒のアテにも、〆にもいける薄皮で小ぶりな餃子が主流。1970創業の屋台安兵衛では包みたての餃子を鶏スープで蒸して風味付けした後、高温の油でパリッと黄金色に焼き揚げる。

『屋台安兵衛』
住所/高知県高知市廿代町4-19

【福岡】「八幡餃子」
 古くから餃子が食され、鉄鍋餃子を生んだ八幡。 1958年に創業した「本店なべ」が発祥。初代・宇久温子さんが、兄が東京で出会った鉄板スパゲティをヒントに熱々の鉄鍋餃子を発案したという。心温まる手作りのおふくろの味を継承。

『本店鉄なべ』
住所/福岡県北九州市八幡西区黒崎 1-9-13宮本ビル1F

【プロフィール】ふぉーりんでぶ・はっしー/神奈川県出身。グルメエンターテイナー。グルメブログ『イエス!フォーリンデブ★』やインスタグラムが絶大な人気。

撮影■岩本朗

※週刊ポスト2016年11月4日号

【関連記事】
「餃子にストロングーッド!」と天海祐希が絶叫
餃子で有名な街 宇都宮や浜松だけではなく高知や北九州も
宇都宮餃子会「浜松と和解したが味はこちらのほうが上です」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP