ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

植松晃士「カラオケで気遣いできない人は実生活でも×」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 世のオバさま方が美しく健康に生きていけるように、ファッションプロデューサーの植松晃士さんがアドバイスします。今回は、カラオケの選曲に関するお話です。

 * * *
 皆さま、ご機嫌よう。先日、1990年代から仲よくしていただいている某大人ゴージャス雑誌編集長とWEBマガジン『ハタラク』の編集長の3人で、1970年代の宴、つまりカラオケに行って参りました。

 楽しかったぁ~! 1970~1980年代の歌限定の宴だったのですが、次から次へとリクエストが入る、入る。口々に「懐かしいよね」「いい歌よねぇ」と絶賛しあうのですが、「懐かしい」と言いつつ、気持ち的には「つい最近の出来事」な感覚を共有しているのも面白かった。そもそも、2000年以降の曲なんて誰も歌えないしね。

 誰かが歌った曲を「これいい! 今度歌おう」と呟きつつ、モニターを写メするんです。だって、照明が暗めだと皆、近くが見えにくいからメモできないし、何か残しておかないと忘れちゃうでしょ。

『飛んでイスタンブール』がかかれば、「庄野真代さん? じゃあ、私は渡辺真知子さん」と、まるで連想ゲームのように数珠つなぎで曲が思い浮かぶんです。

「古い記憶ほど、覚えてる」といいますが、本当にそうですね。「これ何だっけ? バーで飲んでて東京タワーが出てきて…」と言えば、「『東京ららばい』ね! タワーは見えても幸せは見えないのよ。悲しいわ〜」「それそれ!」と、「私たちの記憶力ってすごいわね〜」と、妙なところに自信を深めたり。

 唯一の欠点は、意外に曲が長いんですよ。1番から4番まであったりして歌っているうちに飽きてきちゃって、周りの顔色を見ながらフェードアウトしてみたり。

 まぁ、それにしても、私たちって“ビバ! 歌謡曲”の時代を生きていたんだと、改めて実感しました。やはり名曲は何年たっても名曲ですね。

 宴を通じて、何より心地よかったのは、誰ひとり、流れを乱す人がいなかったこと。3人とも大人で、豊富な社会経験からその場の空気を読むことには長たけている人ばかり。

 急に最近の若者の間のヒット曲をエントリーして、その場をシラケさせるなどという暴挙は誰もいたしません。

 ほら、時々いますよね? 「どうして、ここでこの曲?」と、周囲が顔を見合わせてしまうような選曲をする人。そういう人は、次からはお声がけしようとは思いません。

 私なんて、半分ウケ狙いもあって、流れを読み、次にどんな選曲をするのがベストなのかと構成を考えすぎて、歌うのに集中できないこともあるほどです。

 例えば、フォーク系がお好きなかたがいらしたら、「この曲はご遠慮したほうがいいわね」とか。ジュリーを歌うかたがいたら、一歩譲って(?)私は布施明さん、などなど。

 特に、自分より年長のかたと同席したときは、当然の気遣いとして、そのかたの“おはこ”を歌うようなことは避けなければなりません。

 こういう空気を読む感覚って、実はカラオケだけでなく、さまざまなシーンで大切なことなんです。そして、カラオケで適切な気遣いができない人って、実生活でも気が利かない人が多いんです。

 さらに、その人の選曲によって、意外な一面を発見したりするのも面白い。バリバリのキャリアウーマンが、松田聖子さん大好きだったり。カラオケは、人間観察の場でもあります。

 次回のカラオケのときは、こんなことも頭に入れて選曲してみてください。

 オバさん、万歳!

※女性セブン2016年11月3日号

【関連記事】
阪神ファンが「来年こそ優勝や!」と叫ぶに最適なカラオケ店
アナ雪主題歌 映画を観てない層にも浸透しカラオケでも人気
きれいな渡辺さん ひざを曲げながらにっこりする

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。