ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中西清起氏と金村義明氏 順位予想が外れた原因を分析

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 セ・リーグでは25年ぶりに広島カープが優勝し、パ・リーグでは大谷翔平が二刀流で活躍して日本ハムが優勝。この2チームの優勝を予想した人は、野球ファンの間でも少ないかもしれない。『週刊ポスト』(3月25日・4月1日合併号)でお伝えしたプロ野球の評論家たちの予想も散々な結果だった。1985年の阪神優勝をストッパーとして支えた中西清起氏と、近鉄、中日、西武で活躍した金村義明氏による敗戦の弁を聞こう。

【中西清起氏の順位予想】
◆セ・リーグ
1位:ヤクルト、2位:阪神、3位:巨人、4位:横浜、5位:広島、6位:中日
◆パ・リーグ
1位:ソフトバンク、2位:オリックス、3位:日本ハム、4位:西武、5位:ロッテ、6位:楽天

 セはまさかでしたね。広島OBしか(広島優勝について)当たっていない? そうでしょうね(笑)。ヤクルトの連覇を予想したが故障者が多すぎましたね。

 阪神も4位で終わる戦力ではなかった。126通りと、日替わりといっていいぐらい色んなオーダーを組んだが、結局、首脳陣が選手の力量を判断できなかったということ。

 来年の阪神? 補強次第でしょう。特にクローザー。今年の阪神は勝ちパターンが作れなかった。エース・藤浪(晋太郎)の復活は優勝に不可欠です。

 パは大谷(翔平)に尽きる。ピッチャーとしてはダルビッシュやマー君(田中将大)より上をいっている。低目にスピードボールが決まる。攻略法は見当たらない。なんとかランナーを出して、足を絡めて、ワンチャンスをモノにするしかない。

 もちろん打つ方も凄い。22本塁打は阪神のゴメスと同じやからね。そりゃスゴイわ!(中西氏)

【金村義明氏の順位予想】
◆セ・リーグ
1位:阪神、2位:ヤクルト、3位:巨人、4位:中日、5位:広島、6位:横浜
◆パ・リーグ
1位:西武、2位:ソフトバンク、3位:日本ハム、4位:オリックス、5位:楽天、6位:ロッテ

 セの阪神は4本柱のうち、藤浪(晋太郎)、岩田(稔)、能見(篤史)が勝てず、開幕前に計算していた勝ち星がパァになってしまった。野手では鳥谷(敬)の大不振が大きい。打撃だけでなく、守備への影響も出た。

 とはいえ、来年の阪神は楽しみしかない。北条史也や原口文仁など若手が出てきたし、補強次第では一気に優勝もありえるかな。そう思うしかない(苦笑)。

 パの1位に予想した西武は、守備の破たんと投手陣の崩壊が予想外だった。日ハムは、レアードに「昨年の不調は何やったんや」と言いたい(笑い)。彼の嘘みたいな活躍と栗山采配が原動力です。リアル二刀流など、三原マジック、仰木マジックを彷彿させるような采配だった。(金村氏)

※週刊ポスト2016年11月4日号

【関連記事】
野球賭博ハンデ師による真剣な予想順位 阪神が悲願の優勝か
中西清起氏 坂口1番で不動打線組めればヤクルト連覇予想
順位予想外した江本孟紀氏 優勝予想は広島OBぐらいでしょ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP