ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヨルダンで驚いたカルチャーショック5選!OKサインは喧嘩を売っている意味だった

DATE:
  • ガジェット通信を≫

現在世界一周9カ国目ヨルダンにいます!KEIです。旅をしていて「カルチャーショック」…つまり日本との文化の違いに驚かされることは多々あります。“アジアのボス”と言われるインドを抜けヨルダンに来て、「もう大きなカルチャーショックはないだろう」と思っていた矢先、びっくりすることはまだまだありました!

驚かされるたびに、世界はまだまだ広いなぁと思わされます。今回は、僕がヨルダンに来てびっくらこいたことをお伝えしたいと思います!リアルタイムな世界一周はブログInstagramで更新中です!

 

ヨルダンのサイン/ジェスチャー

photo by Kazuki Kiyosawa

ヨルダン(アラブ諸国)のジェスチャーには面白いものが2つあります!まず、こちらの世界的には「OKサイン」とされるものです。電話をしていて手が離せないときや、相手に確認するときについついしてしまいますよね。

しかし、ヨルダンでこのマークは「ぶっとばすぞ?」の意味!喧嘩を売っているマークです!むやみに「OKサイン」をしないように心がけましょう!しかし、ヨルダン人も映画などのメディアを通して、「OK」の意味は分かっているそうです。ただ、僕は不意にOKサインをしてしまい、定員さんに苦笑いされました。

photo by Kazuki Kiyosawa

次に、ヨルダンで見かけるこのサイン!僕たち日本人は想像もつかないサインですね。なんと、このサインは「ちょっと待って」の意味。口で「ちょっと待って」という何倍もの攻撃力を持っていて、このマークを見せるだけで急かされることも、しつこくされることもありません。

人をしょっちゅう待たすアラブ諸国ではよく見かけるマークで、僕もクセになる程このマークを使用していました。

 

アラビア語から見える信仰心

photo by Kazuki Kiyosawa

世界一周を西回りで進め、インドからヨルダンに入るとようやく「遠くまできたなぁ」と感じるでしょう。時差も日本と6時間差ですし、ここからムスリム(イスラム教徒)の国へと変わってきます。女性はヒジャブやニカーブといった黒い布で全身を覆い、豚を食べることもありません。

イスラム教徒は僕たち日本人からすると、特に異教徒の方々だと感じます。そんな中、はじめてのアラビア語の国ヨルダン。実はアラビア語、“宗教と共にある”感じが非常に面白いんです。

 

特に「Maybe(多分)」という不確かな未来を意味する言葉を「インシャアッラー」というのですが、日本語に訳すと「神のみぞ知る」や「神が選択する」という意味になるのです。「多分」と言っても、引いてくれないしつこい物売りやタクシードライバーも「インシャアッラー」の一言で「神様しかしらないならしょうがないか」という感じで納得するのです。

こういった言語から見えてくる信仰心は、無宗教である僕にとって、非常に大きなカルチャーショックでした。

 

タクシードライバーの乗車拒否率

photo by Moyan Brenn

東南アジアを旅し、目にしない日はない「タクシー」。「トゥクトゥク」や「リキシャ」といった形状は変化しても、ドライバーのおっちゃんの声かけは変わりませんよね。しかし一歩、ユーラシア大陸と呼ばれる地域に足を踏み入れると、あれだけウザかった声かけが、なんだか懐かしくなってきます。

その理由はなんと…ヨルダンのタクシーは運転手が行きたい方向でないと、乗せてくれないのです!なんだそのシステム!ヨルダンの乗車拒否の割合は60%以上でした!!今まで「1バーツ」でも「1ルピー」でも安くして「乗って乗って!」とせがんできたドライバーのおっちゃん達。

ここヨルダンでは、「俺の行きたい方向じゃないと行かなぇぜ?」とクールなドライバーばかりです。

 

ご飯にはヨーグルトを掛ける

photo by Kazuki Kiyosawa

ご縁があり、ヨルダン・アンマン滞在中に、ヨルダン人のお宅とスーダン人のお宅に、夕食を食べさせていただく機会がありました。そこで「マンサフ」というバターライスのようなご飯に骨つき肉とジャガイモが沢山入った伝統的な家庭料理を頂きました。

それに、デザートには大量のヨーグルト!お腹もペコペコで、ヨダレを垂らしていると…なんとデザートだと思っていたヨーグルトを熱々のご飯の上に掛けるではないですか!

photo by Kazuki Kiyosawa

スーダン人のお宅に関しては「あら、ヨーグルト切らしてるわ…ちょっとKEI、買ってきてくれる?」と、料理ができているのに買い物に行きました。それほど、ないと“物足りないもの”なんですね。いやぁ、世界は広いなぁ。

 

男性でも、膝上のショーツ(短パン)はNG!

photo by Kazuki Kiyosawa

街にいるムスリムの女性は、スカーフを巻き肌の露出を最低限のものにします。公共のバスなどに乗車していると、ムスリムの女性の隣に男性は座ろうとしません。他の女性と席を交換してまで、ルールをしっかりと守るのです。

ヨルダンは特に厳格な国だと感じました。郷に入って郷に従うタイプの僕。滅多なことがなければ、旅中に破天荒なことはしない僕でしたが、ひとつだけヨルダン人に注意されたことがありました。それは…ドレスコード、服装です!

 

今年は4月から11月の頭まで、夏が続いている僕の旅のスタイルは「半袖・短パン」。モスクや教会やお寺に入るときには、気を使っていましたが、まさかの日常生活でも気を使わねばいけないとは…。イスラム圏に行く際、女性はもちろんのこと、男性も注意が必要です!

 

まとめ

photo by Kazuki Kiyosawa

「文化や習慣の違いを感じること」…これも旅をより魅力的にするスパイスだと感じます。

異郷/異教/異境というアウェイに触れることで、僕らがもともといたホームを理解することが出来るのです。この価値観や信じているものが違いに触れるということは、自分の人生にとって非常に良い経験だと感じます。

ただ自分はアウェイの身、この場所に“いれさせてもらっている”という敬意を忘れずに、郷に入って郷に従い、楽しい異文化とのコミュニケーションを図ってみてください。

関連記事リンク(外部サイト)

あらゆる危険から身を守れ!実際に起こる海外でのトラブル
【要注意!】海外の宿で南京虫の刺されないための対策法
二度と中国の病院なんて行くもんか!中国語が話せない僕が体験した怖すぎるエピソード
禁煙エリアで吸ったら罰金40万円!海外で気をつけたい喫煙ルール・マナー

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。