ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

佐々木希のシースルードレスにイェソン(SUPER JUNIOR)もドキドキ! W主演映画のレッドカーペットに登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2016年11月3日に公開となる、映画『いきなり先生になったボクが彼女に恋をした』のレッドカーペットイベントが、【第29回東京国際映画祭】の特別招待作品として実施され、イェソン(SUPER JUNIOR)、佐々木希、朝原雄三監督が登場した。

映画『いきなり先生になったボクが彼女に恋をした』レッドカーペット写真

 国際映画祭という華やかな雰囲気の中、3人が姿を現すと、超満員の観客からは歓声と大きな拍手が沸き起こった。イェソンは「オゲンキデスカー? 僕はイェソンです。今日、監督と佐々木希さんと一緒に舞台に立つことができて、とても嬉しいです」と日本語で挨拶。この日集まった観客に感謝の言葉を述べた。

 続いて佐々木希が挨拶をすると、司会者からはこの日の衣装について質問が。佐々木希は、「今日はロングドレスで、この日のために用意しまして、今年の流行がベルベットということで、ベルベットを使ったレースのドレスです。本日は肌みせで大胆な感じにさせていただきました」とコメント。

 ドレスがシースルーだったことに気づいたイェソンは、「すごいですね!(日本語)佐々木さんのドレス、シースルーでありながら、ベルベットということで、今日の雰囲気にあっていると思います。僕は特別にドキドキしているという意味を込めて、心臓のあたりにバッジをたくさんつけてみました(笑)」と会場の笑いを誘った。

 最後には「予習もなしに映画館へフラっと立ち寄っても必ず楽しんでいただけるような笑いあり涙ありのステキな映画になっていると思います」と語った佐々木希。イェソンも「この映画は本当に楽しい映画です。たくさんの方に愛していただけたら嬉しいです」と本作をアピール。小雨の中集まった観客へ向け「気を付けて」と日本語で気遣い、舞台挨拶は終了した。

(C)2016 TIFF

◎映画『いきなり先生になったボクが彼女に恋をした』
2016年11月3日(木・祝)全国ロードショー
監督:朝原雄三
脚本:朝原雄三 Kevin DC Chang
企画・原案:Kevin DC Chang
主題歌:SUPER JUNIOR-YESUNG 「雨のち晴れの空の色」
主演:イェソン(SUPER JUNIOR) 佐々木希 ※W主演
配給:松竹メディア事業部
上映時間:98分
(C)2016「いきなり先生」製作委員会

関連記事リンク(外部サイト)

フェミニンな佐々木希×クールな松島花 びしょ濡れではしゃぐムービー&メイキング公開
SUPER JUNIORイェソンがLINE LIVEを1日ジャック
SUPER JUNIOR・イェソン 生番組で新曲のイメージビデオを制作

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP