ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大丸東京、季節限定の最新スイーツを週替わりで紹介

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東京駅に隣接する大丸東京店では、注目の期間限定スイーツが毎週週替りで販売される。約70店舗あるショップのなかから選りすぐりをご紹介しよう。

大丸東京の1階にある『九十九堂本舗』では「クリームパン」(1個220円)を販売。口当たりのよいクリームがぎっしり詰まった、人気のクリームパンだ。

地下1階にある『尾張松風屋』の「かに煎づくし12枚入り」。中はずわい蟹二度焼きが6枚と、紅ずわい蟹薄焼き6枚が入って1080円。

 

 

地下1階にある『オアフ』の「フレッシュシュークリーム」(1個230円)は、北海道生クリームとオアフ自慢のプレミアムカスタードクリームが人気。

 

『オアフ』の「オアフロール」はカットなら230円、ホールなら880円で購入可能。ふわふわのスポンジに特製カスタードクリームと生クリームがたっぷりだ。

 

1階にある「ドゥーブルショコラミルフィーユ」は、冬季限定で、チョコミルフィーユをチョコレートでコーティングした、この季節だからこそのリッチで濃厚な味わい。

 

最後は、地下1階にある『恵那栗工房 良平堂』の「栗福柿」(3個入り/1080円)。干し柿のなかに栗きんとんをいれた自然な甘さを楽しめる季節のスイーツ。

大丸東京にはスイーツがいっぱい。食欲の秋を甘味で堪能するのにはもってこいではないだろうか。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP