ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

各国で採用されている軍事教練用シミュレータがOculus RiftとHTC Viveに対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アメリカ海兵隊、アメリカ陸軍、オーストラリア国防軍や英国防省など世界各国の軍事機関で採用されている軍事教練用シミュレータ『Virtual Battlespace 3(VBS3)』が、Oculus Rift CV1とHTC Viveをサポートに加えました。

本格的な軍事教練用シミュレータ『Virtual Battlespace 3』

『Virtual Battlespace 3(VBS3)』は,『ARMA: Cold War Assault) 』などで知られるチェコのコンピュータゲーム開発会社「Bohemia Interactive Studio (BIS)」の分社「Bohemia Interactive Simulations(BISim)」が制作する軍事教練用シミュレータです。

連邦や州、地方政府機関などの統合的な戦術訓練、および各種緊急対応訓練用として設計されています。車の運転やさまざまな武器の扱い方、さらにパラシュートや水中作戦の訓練も可能です。

VBS3 Features: Suppression

www.youtube.com/watch?v=kWF72d3-lWA

VBS3は元々Windows用ソフトでしたが、先日リリースされたv3.9.2アップデートによってOculus RiftとHTC Viveへのサポートが追加されました。VRHMD越しに、一人称視点での訓練体験が可能となります。

BISimは最近、独自のVRゲームの開発を行っています。同社の開発担当・シニアディレクターは、「当社の顧客は現実とシミュレーションとのギャップを埋めるには、Oculus RiftとHTC Viveが最善の方法だとすぐに理解します」のように述べています。

なおv3.9.2アップデートでは他に、新たな夜間照明システムや車両モデル、空気抵抗係数と”陽炎”ビジョンのフィルタなどが追加されました。

(参考)
Bohemia’s ‘Virtual Battlespace 3’ Military Sim Adds Rift CV1 and Vive Support(英語)

uploadvr.com/bohemias-virtual-battlespace-3-military-sim-vr/

※Mogura VRはUploadVRとパートナーシップを結んでいます。

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP