ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ロック&パンク・テイストを取り入れた、ザ・ウィークエンドのダークでスリリングな「フォールス・アラーム」(Song Review)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2016年11月26日に発売予定の、ザ・ウィークエンド待望の3rdアルバム『スターボーイ』から、早くも2ndシングル「フォールス・アラーム」が10月11日にリリースされ、最新の米ビルボード・ソング・チャート(11月7日付)で、初登場68位にデビューを果たした。

 この曲は、リリース10日前、10月1日に放送された『サタデー・ナイト・ライブ』で初披露され、ライブの様子がアップされた動画は、1週間で200万視聴回数を超える大反響となった。そして、10月13日には公式サイトからミュージック・ビデオが公開され、既に2400万回の視聴回数を記録している。

 「フォールス・アラーム」には、“人騒がせ”という意味があり、「金にも男にもガメつい、人騒がせな女」をテーマにした内容が歌われている。歌詞の内容に通じてか、ミュージック・ビデオは、女性が覆面の男たちに拉致され、銃や彩煙弾を使いながら逃走劇を繰り広げる、かなりバイオレンスな内容になっている。

 歌詞の内容やビデオにマッチした、ザ・ウィークエンドらしい、ダークでスリリングな楽曲だが、シングル曲としてはこれまでにない、ロックやパンク・テイストを取り入れたナンバーに仕上がっている。アルバムからの1stシングル「スターボーイ」もそうだったが、新作『スターボーイ』には、R&Bのみならず、こういったジャンルをクロスオーバーしたタイトルが並びそうだ。

 プロデューサーは、ドレイクやマルーン5といった売れっ子を手掛けるドック・マッキンニー、前シングル「スターボーイ」にも参加したサーキットがクレジットされている。制作は、ザ・ウィークエンドを中心に、プロデュースを担当する上記の2者と、同郷カナダ出身のラッパー、ベリーが参加している。

 先行シングル「スターボーイ」のミュージック・ビデオは、公開1か月を経たずして、再生回数1億回を突破、最新のソング・チャートで2位にランクインし、間もなく首位に到達するのではないかと予想される。両曲の大ヒットを受け、3rdアルバム『スターボーイ』のNo.1デビュー、大ヒットも間違いないだろう。

Text:本家一成

◎リリース情報
「フォールス・アラーム」
ザ・ウィークエンド
2016/10/11 RELEASE
デジタル配信
https://goo.gl/x2tlZ6

関連記事リンク(外部サイト)

【ビルボード】TOP3停滞の洋楽チャート、初登場した5H&ザ・ウィークエンドの新曲に注目
【米ビルボード】ザ・チェインスモーカーズがソングチャート7週1位、ザ・ウィークエンド急上昇
ザ・ウィークエンド、ダフト・パンクをfeat.した「Starboy」のMV公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP