ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

30歳仕事の作法「頭使う仕事は後回し」3人に2人

DATE:
  • ガジェット通信を≫


社会人経験を積むと、自分なりの働くペースが自然と生まれるもの。たとえば、1日の始めにどんな仕事から手をつけるのか、に対してこだわりを持っている人は少なくないはず。そこで、働き盛りの30~35歳の独身男性会社員200人に「自分なりの仕事のスタンス」について聞いた(R25調べ/協力:アイリサーチ)。

【もっと大きな画像や図表を見る】

〈毎日の仕事のスタンスについて、より近いものは?〉

・簡単な業務から手をつけ、頭を使う業務は後回しにする 66.0%
・頭を使う業務から手をつけ、簡単な業務は後回しにする 34.0%

「簡単な業務から手をつける」が多数派に。頭がちゃんと働いていない仕事始めの時間帯は、ウォーミングアップを兼ねておきたい、ということだろうか。一方、「頭を使う業務から手をつける」派も3割以上と、少数派にはなったが支持層は一定数いるもよう。それぞれを選んだ人たちの意見を見てみよう。

■「簡単な業務から手をつけ、頭を使う業務は後回しにする」派の意見

「まずは終えたという達成感を味わう」(30歳)
「頭を使う仕事はやはり時間がかかるため、先に簡単な業務を終えてからじっくり取りかかりたいから」(32歳)
「軽い作業でウォームアップしてから難しい方に手を付けたいので」(32歳)
「残件数が多いと、落ち着いて仕事に取り組むことができないから」(33歳)
「まず量を減らしたい」(35歳)
「そちらの方が、順序よく処理出来ている気がして」(35歳)
「早く終わる部分は早く終わらせると少し気が楽」(35歳)
「簡単な業務を行っている時に、アイディアが浮かんだり、考えの整理ができたりすることが多いため」(35歳)

■「頭を使う業務から手をつけ、簡単な業務は後回しにする」派の意見

「イレギュラーが発生したときに難しい業務が残っていると致命的になるため」(30歳)
「フレッシュなうちに複雑なことを済ませておきたいから」(31歳)
「つかれると頭が使えない」(31歳)
「先に大変な事を片付ければ、余裕が生まれるから」(33歳)
「単純労働は惰性で出来るので」(34歳)
「やっかいな事を後回しにすると後半が大変になるので嫌な事は早く片付けるようにしています」(35歳)
「業務を開始してすぐのほうが脳も疲れず、集中しやすいから」(35歳)

「簡単な業務から手をつける」派からは、やはり“仕事の準備運動のため”という意見のほか、“頭を使う業務にじっくり時間をかけたいから、手早く済ませてしまいたい”といった声が寄せられた。対する「頭を使う業務から手をつける」の理由は、主に2点。“疲れていないうちに大変な方を済ませたい”と“後回しにして面倒な事態になるのを避けるため”という意見だった。

毎日の仕事始めについてはわかったが、ある程度時間が与えられた「締切のある業務」についてはどうだろう? こちらも同じく200人に聞いてみた。

〈「×月×日までに」と頼まれた業務について、あなたの仕事のやり方に、より近いのは?〉

・締め切りが近づいてから一気に仕上げる 23.5%
・手が付けられる、なるべく早いタイミングから徐々に仕上げていく 76.5%

こちらは、「早いタイミングから徐々に仕上げていく」が多数派。昔は「夏休みの宿題を8月31日に一気に済ませていた…」なんて人も多いだろうが、社会人たるもの万が一に備えて、前倒しでキチンと進めている人が多いのだろう。

中堅社員に差しかかると、仕事量・責任ともに徐々に増加してくる。「ちょっと今のペースだと回らないかも…」そう考えた時は、あえてこれまでと違う仕事の順序で働いてみると、突破口が見つかるかもしれない。

(千川 武)

(R25編集部)

30歳仕事の作法「頭使う仕事は後回し」3人に2人はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

モテるために「女性がしている演技」TOP10
「整理整頓ができる=貯金多い」説の真偽は?
痛む人は要注意! 20代に顎関節症が多いって本当?
彼女の部屋で密かにチェックしてることTOP10
恋人の仲直り、「すぐ謝る派」のメリット・デメリット

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP