体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

うっかり忘れ物! 住まいの工夫でできる防止策とは?

うっかり忘れ物! 住まいの工夫でできる防止策とは?

財布、定期入れ、携帯電話、家の鍵など……つい忘れて家を出てしまうこと、ありませんか。忘れ物はなくても、物をどこに置いたか忘れてしまって出かけ際に探すのが大変、という人も少なくないかもしれません。そんなうっかりタイプの人が忘れ物をしなくなるようにするには、どうすれば良いのでしょうか。物の定位置を設けるなど、住まいの工夫でできる忘れ物防止策について紹介します。

「お出かけ動線上」に物の定位置をつくる

忘れ物を防ぐためには、「出かける前に指差し確認をする」など、意識的に気を付ける方法が考えられますが、人によってはおっくうになって確認し忘れてしまうこともあります。

毎日、意識せずとも忘れ物を減らせるようになる、住まいの工夫や収納の工夫はあるのでしょうか。空間整理コンサルタントであるライフオーガナイザーの川崎朱実さんと一緒に考えてみました。

まず、忘れ物が多い人には次のような特徴があります。

(1)物の置き場所・定位置が決まっていない

(2)あちこちに物をちょい置きしがち

(3)置き場所が決まっていても、そこに置かないことが多い

(4)外出時に持って行く物を確認しないことが多い

(5)外出時の持ち物が多い

忘れ物をよくする人の帰宅後の行動を観察してみると、財布はダイニングテーブルにちょい置き、携帯電話はリビングのソファに、鍵はクローゼット近くに何となく置いてそのまま、というようなことがあります。置き場所がバラバラで日によって変わることもあるため、翌日、出かける際に持っていくのを忘れるのです。

「どこに置いてあれば忘れないか自分や家族の行動パターンや性格に合った場所を考えて、常にそこに忘れたくない物をまとめて置くようにするのが大切です。お勧めは、出かける前に必ず通って、目に付く場所です」(川崎さん、以下同)

「玄関」「玄関とリビングをつなぐ廊下」「リビングダイニング」といった場所に物の定位置を決め、最初は強く意識してそこに物を置くようにすると、次第に習慣化されて無意識に定位置化できるようになります。

「これから新築するなら、そうした“お出かけ動線”上に物の定位置を最初から設計すると良いでしょう。新築でないならリフォームやDIYで壁面を使って邪魔にならない収納を取り付けるのがお勧めです」

賃貸住宅の場合は、無印良品などで扱っている設置跡の目立たない壁面棚、通販サイトで扱っている奥行きの浅い書棚や突っ張り棚を利用するのも良いでしょう。

「定位置で携帯電話の充電をしたいけれどコンセントがないという場合、2万~3万円で増設できるので、必要な人にはお勧めです」と川崎さん。増設ができない場合は、延長コードを目立たないように配線することも考えてみましょう。なかには、モバイルバッテリーで毎日充電しているケースも。電源がない場所には良いかもしれません。

筆者の知人に毎日のように忘れ物をしていた人がいますが、知人の妻が忘れ物の多さを見かねて、物(携帯電話、財布、玄関の鍵、定期入れなど)の定位置(兼携帯電話の充電場所)を玄関のシューズクローゼット内(棚1段分)に設定しました。妻は帰宅後の夫が歩くルートを観察し、ここなら必ず定位置として使うだろうという場所を見極めたそうです。

基本的に定位置の場所は、リビングダイニングや必ず通る玄関近くがいいのですが、携帯電話やタブレット端末、眼鏡など、寝る前に寝室で使う頻度の高い物があるなら、寝室のドアの脇など、必ず目に付くところにまとめて置ける場所を確保するのも良いでしょう。

1 2 3 4次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会