ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大谷翔平の活躍にはMLBで年俸30億円分の価値がある

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 クライマックスシリーズでも投打に活躍した大谷翔平(22、日本ハム)は、かねてからメジャー志向が強い。来年のオフにもポスティングシステムを通じてのメジャー移籍があるといわれている。

 MLBの最高年俸はレッドソックスのD・プライスの7年総額2億1700万ドル(約225億円)。ドジャースのエース、C・カーショーが7年2億1500万ドル(約223億円)で続く。そうした大型契約を結んでいるのは、いずれも先発ローテーション投手だ。

「大谷は先発として起用できるだけでなく、打撃も計算できる。DH制のアメリカン・リーグよりも、投手が必ず打席に立つナショナル・リーグの球団に高く評価される可能性がある」

 そう語るのはMLB研究家の福島良一氏。実際、メジャー球団で気になる動きを見せているのが、日本ハムが2008年から業務提携を結ぶナ・リーグのサンディエゴ・パドレスだ。

「パドレスでは今季、控えキャッチャーのクリスチャン・ベタンコートを抑え投手として2試合に起用。無失点の好投を見せたベタンコートは来季、投手兼捕手の“二刀流”で使われるとみられています。提携チームの日ハムで大谷が成功していることを参考にしたそうですが、パ軍が大谷を迎え入れる予行演習ともいわれています」(福島氏)

 今年のナ・リーグのプレーオフでは、サンフランシスコ・ジャイアンツのエース、バムガーナーが代打起用されて話題になった。

「MLBのロースター(出場選手枠)は25人しかいないため、代打に送られる投手は少なくない。ナ・リーグのチームが大谷を狙っていても不思議はない。

 田中将大がヤンキースに移籍した際の契約は7年総額160億円で、年俸22億円換算だったわけですが、大谷はこれを上回る水準になるのではないか」(スポーツ紙デスク)

 福島氏は、大谷につく“値段”について「8年総額200億円、あるいは6年180億円。年俸換算で約30億円あたりの水準なら獲得に興味を示すMLB球団は複数ある」と見ている。

 つまり、大谷の活躍には「年俸30億円分」の価値があるということだ。メジャー流出を食い止めるには、そのくらいを用意する必要があるとすると、「日ハムの選手の総年俸は25億円くらいが上限」(球団関係者)というなかでは厳しいのか。ヤクルト、巨人、阪神で4番を打った広澤克実氏はこんな言い方をする。

「投手としても打者としても非凡な大谷ですが、大谷が大谷であり続けるには、二刀流であるべき。メジャーに行ったら、二刀流を続けられるかはわからない。だから、日本に残ったほうがいいんです。それが大谷にとって最適な選択肢だと思いますよ」

撮影■山崎力夫

※週刊ポスト2016年11月4日号

【関連記事】
大谷翔平 「本気でメジャー目指すなら打者は諦めるべき」の声
大谷翔平の「二刀流」はMLBでどう評価されているか
大谷翔平 MLBでは投手より打者として評価する関係者も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP