ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

加山雄三 3日連続ステージの翌日に8時間クルージング

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 東京・銀座のコリドー通りにある小さなライブハウスで、小気味のいいロックサウンドが鳴り響いた。ボーカリストは時にエッジの効いた曲にシャウトをし、時に柔らかな音に甘い歌声を乗せる。

 酔いしれる満席の観客が見つめる先に立つのは、ボーカルとギターを務める加山雄三(79)。「ケネディハウス銀座」で毎月行なわれる「加山雄三&ハイパーランチャーズ」のステージである。

「ここでの公演を始めたのは24年前です。オーナーの加瀬邦彦君(元ザ・ワイルドワンズ)が体調を崩して、この店もうまくいっていないという話を聞いて何かできないかと提案したんです。

 ちょうど自分のバンドを結成したタイミングで、『練習がてらステージに立たせてよ』って。少しでも何かの足しになればと思ったからです。加瀬君は昨年亡くなりましたけど、今もノーギャラなんです」(加山、以下「」内同)

 シンガーソングライターの元祖としても知られる加山は、今も音楽活動を中心に多忙を極める。

 たとえば、逗子マリーナで行なわれた、自身が名誉実行委員長を務めるヨットレース「若大将カップ」でのライブを終えると、翌日には京都でのディナーショーで歌声を披露。日帰りで東京に戻り、翌日はザ・ワイルドワンズとの「熊本チャリティコンサート」。3日連続のステージをこなした後、車で2時間半かけて愛船・光進丸が停泊中の西伊豆へ。

 未明、逗子に向けて8時間のクルージングに出発したというから、とても来年傘寿を迎える男には見えない。楽しそうに歌い、気持ちよさそうに演奏する、かつての「若大将」その人だ。

「毎日楽しいですよ。音楽でメシを食わせてもらっているけど、自分では趣味だと思っている。プロだと思った瞬間にイヤになってしまいそうだから。でも、ライブハウスのキャパシティはせいぜい100人。すぐ目の前にお客さんがいる場所で歌うというのは、何千人の前で歌うよりはるかに恥ずかしいものです。このステージを始めた頃は、ものすごく緊張して膝が震えました(笑い)」

 俳優デビューの翌年、映画「若大将」シリーズがスタートして一気にスターダムに駆け上がった加山には下積みの経験がない。小さなステージに慣れていないのはそのせいで、ケネディハウス銀座の定期公演は「いい訓練場なんです」と笑う。

 現在の音楽活動の中心は、ワイルドワンズのメンバーで構成されたハイパーランチャーズの他に、総勢13人の「THE King ALL STARS」。古市コータロー(THE COLLECTORS)や佐藤タイジ(シアターブルック)、キヨサク(MONGOL800)など、音楽界の第一線で活躍するミュージシャンで編成されたロックバンド。加山と最年少メンバーとの年の差は、実に48歳という。

「完全に孫の世代ですよ(笑い)。でも、話が合わないなんてことはありません。昔と今のロックの違いについて話して盛り上がったり、音楽以外の話題でも妙にウマが合うんです」

 ステージに上がれば年齢は関係ない。音楽を通じて意気投合し、気心の知れた仲間同士ゆえ、簡単な確認をするだけで、イメージ通りの演奏が阿吽の呼吸で始まる。

「僕はね、本当はロックが好きで音楽を始めたんです。でも、デビューした当時は『イメージが違うから英語の歌詞なんてダメだ』といわれて悶々としていたところに、『君といつまでも』が大ヒットして、それが僕のイメージになった。だから今、やりたいことがやれて毎日最高です」

●かやま・ゆうぞう/1937年、神奈川県横浜市出身。1960年に映画『男対男』でデビュー。翌年、若大将シリーズ第1弾『大学の若大将』に主演。1962年、黒澤明監督『椿三十郎』、1965年同『赤ひげ』に出演。同年リリースの『君といつまでも』がレコード大賞特別賞を受賞。2014年に結成したTHE King ALL STARSでフジロックフェスティバルに出演。今年、画業20周年を迎えた。「画業20周年記念 加山雄三アートの世界展」が10月27~30日/大丸心斎橋店北館14階イベントホール、11月23~28日/高島屋日本橋店8階特設会場で開催される。

■取材・文/小野雅彦 ■撮影/二石友希

※週刊ポスト2016年11月4日号

【関連記事】
加山雄三 「僕は若大将になるために生まれてきたんだ」と述懐
若手から加山雄三までを1か所で見られるのが夏フェスの魅力
加山雄三 30年前からパソコンで楽器を選びアレンジしていた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP