体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

愛好家増加中! パクチー料理研究家おすすめ商品6選

愛好家増加中! パクチー料理研究家おすすめ商品6選

ベトナム料理をはじめエスニック料理のアクセントに使われる香草「パクチー」。その独特な香りゆえ、好き嫌いがはっきり分かれることでも知られていますが、熱狂的なファンも多く、近年はパクチー専門店が登場するなど日本でも人気が広がっています。そこで、パクチー料理研究家のエダジュンさんに、パクチー好きも納得のおすすめ商品を教えてもらいました。

食べた瞬間にフレッシュな香りが広がる濃い味ソース

数々のパクチー商品を試してきたというエダジュンさんをして、“驚きのおいしさ”と評されるのが、キユーピーの「アジアンテーブル かけるパクチー」。

「ドレッシングというよりもソースに近いです。パクチーの風味がしっかりしているので、食べやすくてしかも濃厚。ドレッシングとして野菜にかけるも良し、白身魚のカルパッチョなどにかけるも良し、淡泊な食べ物にすごく合うなと思いますね。バジルの濃い風味が楽しめる、ジェノベーゼソースに近いようなイメージです。国産のパクチーにこだわっていて、自社農場で栽培したものを使用していて品質の良いものをつくろうという心意気が商品に反映されています」(エダジュンさん、以下同)【画像1】新鮮なパクチーのような味わいがインパクト大!(写真撮影/やじろべえ)

【画像1】新鮮なパクチーのような味わいがインパクト大!(写真撮影/やじろべえ)

パクチードレッシングの火付け役商品はあと引くおいしさ

エダさんのみならず、パクチー好きの心を射止めてきたのが、「タイの台所 パクチードレッシング」。

「他社に先行してパクチードレッシングをつくられたことから、ブームをつくった商品です。ドレッシングとしてのポテンシャルがすごく高くて、シーザーサラダドレッシングのような濃厚さがあります。レタスや水菜などの葉物にちょっとかけるだけで、パクチーの味を感じやすいなと思います。あと、ひよこ豆やコーンと一緒に混ぜて食べるのもおすすめ。少しパクチーが苦手だなと感じていらっしゃる初心者の方にも食べやすい商品です」【画像2】フレッシュな生のパクチーを使っているため鮮やかな香りが特長。隠し味のナンプラーがコクと旨みを与えている(画像提供/アライド コーポレーション)

【画像2】フレッシュな生のパクチーを使っているため鮮やかな香りが特長。隠し味のナンプラーがコクと旨みを与えている(画像提供/アライド コーポレーション)

かけるだけで本格派料理に早変わり!お肉料理にも合うソース

さまざまなパクチー商品を手掛けているエスビー食品ですが、なかでもエダさんイチ押しは、チューブタイプの乳化液状ソース「クリーミーパクチーソース」。

「粘度のあるソースなので、焼きチキンや唐揚げにあえるとおいしいです。バーニャカウダのようにスティック野菜につけて食べてもいいと思います。パクチーの香りはもちろんですが、レモンやナンプラーの味がアクセントになっていて、クリーミーさと爽快さがいい具合に混ざり合っています。オムレツやスクランブルエッグにかけるのもおすすめです。ソースだけどサッパリ食べられますよ!」【画像3】パクチーを植物油脂と醸造酢で伸ばした乳化ソースは、なめらかな舌触りが特長(画像提供/エスビー食品)

【画像3】パクチーを植物油脂と醸造酢で伸ばした乳化ソースは、なめらかな舌触りが特長(画像提供/エスビー食品)

パッケージの可愛さも目を引くヘルシースナック

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy