体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

尿検査に出るサインを見逃すな! 尿からわかる病気とは?

尿検査に出るサインを見逃すな! 尿からわかる病気とは?
今では自宅で簡単に尿検査できるキットも発売されているほど手軽な尿検査。実は重要なサインを出しているということをご存知でしょうか?

尿は病気を発見する足掛かり的存在なんですよ。そこで今回は、尿の働きをおさえながら、尿検査の目的や方法、そこから見えてくる病気などをご紹介します。

要チェック項目

□尿は血液をろ過して、老廃物を体外に出す働きをしている

□尿検査は患者の負担が少ない検査のひとつ

□尿を採取するタイミングで分かることが違う

覚えておきたい尿の働き

尿は、全身を巡る血液を腎臓でろ過し、体の中の老廃物を排出する役割があります。これは、体内の余分な水分や血液などの体液の量を一定に保つという点でも重要な働きなのです。

人はこの働きを繰り返し、1日平均で5~8回、合計1.5Lの排尿を行うとされています。

尿検査、その目的とは?

尿検査に出るサインを見逃すな! 尿からわかる病気とは?
健康を調べる検査の中でも、尿は簡単に採取できることから、尿検査は患者自体の負担も少ない検査のひとつです。そんな容易さなのに、その結果から得る価値も大きいのが特徴です。

尿には細胞やタンパク質、細菌や糖分などさまざまなものが含まれています。

そのため、尿検査をすることで、本来吸収されるべき成分が尿と一緒に体外へ排出されていたり、尿に含まれるべき成分が見つからず体内に残っているということなどが分かります。

つまり、尿中の成分を調べることで腎臓や体の異常を察知できるのです。

尿検査で調べる主な項目

尿からわかることは多く、検査項目は多岐に渡ります。今回は、主な5項目をご紹介します。

尿蛋白:尿中のたんぱく質の量が分かる

基準値:陰性(-)

要注意:(+)(±)

異常値:(2+以上)

通常、血液が腎臓でろ過されて不要物が尿と共に排泄されます。この働きが正常ならば、血液中の蛋白は腎臓で再吸収されますが、腎機能の低下などがあると体内に残るべき蛋白が尿と一緒に漏れ出てしまいます。

尿糖:尿中の糖分の量が分かる

基準値:陰性(-)

要注意:(±)

異常値:(+)

血液中の糖が規定以上の濃度(約160~180mg/dL)を超えることで、体内で吸収しきれず尿に溢れ出ます。

この結果から、糖尿病や腎性糖尿などを知ることができます。

尿沈渣:尿中の血球や細菌などの固形成分の内容が分かる

遠心分離器にかけると、尿中の沈殿物が出てきます。その物質の種類を調べることで、どのような病気が潜んでいるのかを判断する材料になります。

尿潜血:尿に血液が混じっていないかを調べる

基準値:陰性(-)

要注意:(+)(±)

異常値:(2+以上)

試験紙を使って調べることで、尿に血液が混じっているのかを調べます。反応があれば、尿路結石や膀胱炎など、尿の通り道に何らかの出血源があることが分かるのです。

比重:尿中の水と物質の比重を調べる

尿中にはさまざまな物質が含まれます。水の重さを1とした時の尿の重さを比較し、比重の高低によって体内の異常を発見することができます。

例えば、糖尿病や脱水症の場合は比重が高く、腎不全や尿の濃縮機能低下があると低くなるのです。

ココが知りたい! 尿検査の疑問

尿検査に出るサインを見逃すな! 尿からわかる病気とは?
尿検査と言われても、実は尿の採取のタイミングなど色々あるってご存知ですか? そこでちょっとした尿検査の疑問やハウツーについてご紹介します。

尿の種類ととり方

・早朝尿

就寝前に排尿し、朝一番にトイレで採取するのは、早朝の尿は濃く、色々な病気が発見されやすいことと尿に出るタンパクが起立性蛋白尿なのかを区別するためです。

とり方は、最初の少量は採取せず、途中の尿をとりましょう。

・随時尿

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。