体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

そもそもなぜ給料を上げたいのか? | 木暮太一

f:id:tyo-press:20161019000531j:plain

働けど働けど我が暮らし楽にならず……と、自分の仕事の頑張りや成果が給料に反映されず、虚しさを感じることってありませんか? 実は給料がなかなか上がらない背景には、個人の頑張りだけでは変えられない大きな社会システムが隠されているのです。

そこで累計135万部を売り上げた『自分の給料をいまより上げる方法』の著者、経済ジャーナリストの木暮太一さんに、日本社会における給料のカラクリ、そしてとっても気になる給料アップに必要なことを伺いました。

まずは、給料が決まる仕組みを知ろう

木暮さんによると「日本において給料とは、将来や生活を保証してもらう証拠として企業から貰っているもの」だといいます。多くの人が「なかなか給料が上がらない」と嘆く根本的な理由を、大きく2つ挙げていただきました。

「給料」と「仕事の頑張り」は無関係

多くの企業で給料の決め方は、例えると商品の価格と同じ。

商品の完成までにかかった材料費や人件費などの原価を鑑みて、利益を乗せて、値段を決めます。つまり商品が「どんな役割を果たすか」は、価格設定に関係ありません。「このスマホは他にない機能がついているから高くしよう」という値段の上下はあっても、相場は大きく変わらないのです。

同じように給料を決めるのは、あなたという労働力にかかっている原価。食費、住居費、娯楽費、交通費など、働き続けるために必要な原価が給料に反映され、年を取って家族ができると「原価」が増えてくるため給料も上がる、という仕組みです。

そのため、スマホで何をするかによって価格が変わらないように、基本的には仕事でのパフォーマンスが給料に関係することはないのです。

クビにならないから、給料も上がらない?

もうひとつの大きな理由は、簡単に正社員をクビにできない、減給もできないという日本の社会システムにあります。

例えば、今年業績が好調だったとしても、それが来年も続くという保証はありません。しかし「今季は業績がよかったから」と全社員の基本給を上げてしまうと、「業績が悪くなったから」と再び給与を下げることは簡単にはできません。人件費、つまり固定費がどんどん膨らんでしまうため、基本給を上げるというのは経営者としては避けるべき選択なのです。 f:id:tyo-press:20161019000828j:plain

実は、給料の決まり方は、150年前に書かれたカール・マルクスの『資本論』にもある資本主義のシステムのひとつ。原価に「頑張り」や「自分が出した成果」はカウントされていないにもかかわらず、多くの人が「頑張れば給料が上がる」と思い込んでいることが大きな問題と木暮さんは語ります。

まずはこのシステムを頭にいれておくことが、給料と向き合うスタートラインとなります。

いまより給料を上げるために必要な3つのこと

給料が簡単には上がらないと知ると、仕事へのモチベーションもガクッと下がってしまいそう。しかし、ここで重要なのは「毎日同じ環境で、同じ仕事をしていても上がらない」ということ。社内のポジションや環境を変えることで、給料が上がる可能性はあります。

そこで給料を上げるために必要なことを、ケースごとに見ていきましょう。

Q.自分の仕事が上司に認めてもらえないのですが…

A.「なんで自分だけが」と、周りを妬んでるうちは出世できない

同じ社内で「自分だけ上司に頑張りを認めてもらえない」「自分より仕事ができないハズのあいつが昇進した」と感じることはあるかと思います。しかし、そもそも人の能力とは数値化・可視化できるものではないと考えましょう。つまり他人のことを気にしているところが、出世できない理由なのかも…。

会社に所属している以上、仕事はチームプレー。サッカーにおいて「FWばっかり点を取ってずるい」と考える人がいないように、仕事でも「仲間が結果を出せるようにみんなで頑張ろう」という姿勢でいることが出世の近道です。

Q.成果を出しているのに、出世や昇給になかなか反映されません

1 2次のページ

リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。