体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ハロウィンに本気を出すNYのおばあちゃん

先日、ニューヨークのアッパーイーストサイドを散歩していたときに遭遇した上品なおばあちゃん。

目に入ってきたのが、スカルや蜘蛛の巣といった不気味なものを袋から取り出して、せっせと飾っている姿。

ハロウィンは悪霊を遠ざけ、死者を悼むイベント

201610125_halloween_ny_02.jpgいよいよ来週の月曜日、10月31日に迫ったハロウィン。

日本でも盛り上がっていますが、本場アメリカはそれ以上です。

20161025_halloween_ny_03.jpg20161025_halloween_ny_04.jpgそもそもハロウィンとは、現在も祝われている世界最古のイベントのひとつ。アメリカではクリスマスの次くらいに盛り上がります。

仮装して「トリック・オア・トリート」をしてお菓子をもらったり、ハロウィンをテーマにしたパーティで楽しんだりするのが、いまのハロウィン。でも本来は、邪悪なものや、幽霊、悪霊、魔性を遠ざける意味があります。

20161025_halloween_ny_05.jpgケルト暦の最終日がハロウィンの行われる10月31日。もともと異教徒たちが死者を悼むための日でした。

そして、2000年以上も前からキリスト教に改宗した人たちによって「All Saints Day(11月1日。天国の諸聖人を祭るキリスト教の祝日)」の前日、「All Hallows Eve(聖人の前夜祭)」と親しまれてきたのがハロウィンです。

20161025_halloween_ny_06.jpg20161025_halloween_ny_07.jpgストリートを死者が徘徊する?

古代ケルト人はハロウィンの夜、ストリートを死者の魂が徘徊すると信じていました。なかにはフレンドリーじゃないものもいるため、その邪悪を鎮め、翌年の豊作を願う意味も込めて、ギフトやお菓子を備える風習が始まりました。

20161025_halloween_ny_09.jpg20161025_halloween_ny_10.jpgこれがトリック・オア・トリートの起源のようです。
1 2次のページ
グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。