体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旅好きオーストラリア人が勧める「東京に来たらやるべき!」15のこと

旅好きオーストラリア人が勧める「東京に来たらやるべき!」15のこと

今、日本には多くの外国人観光客が訪れています。

富士山や京都も魅力的ですが、東京にも多くの魅力的な楽しみ方があると彼らは言います。ここでは世界旅行が大好きなオーストラリア人のニコラさん(22歳)が東京で経験したオススメの楽しみ方を15個紹介しましょう。

 旅好きオーストラリア人が勧める「東京に来たらやるべき!」15のこと

01.
世界でいちばん!
渋谷スクランブル交差点

旅好きオーストラリア人が勧める「東京に来たらやるべき!」15のこと

有名な渋谷のスクランブル交差点に行けば、東京という街の“クレイジーさ”がすぐにわかると思うわ。駅から横断歩道を渡って、すぐ向かいにあるTSUTAYAの2階のスターバックスの窓際から、交差点を見下ろしてみたの。コーヒーを飲みながら、この交差点を渡っていく人を見ているだけでも面白いわ。

02.
ミシェラン一つ星の
ラーメン屋さんがあるんだって

旅好きオーストラリア人が勧める「東京に来たらやるべき!」15のこと

東京では色々なラーメン屋さんに行ったけど、巣鴨にある「Japanese Soba Noodles 蔦」は、なんとミシェランで一つ星を獲得したお店なの。9人しか入ることのできない店内には、いつも行列ができているわ。

たとえ数時間待つことになってでも、人生で最高の一杯にめぐり合うことができたら、待っただけの価値があるとは思わない?ちなみに、1,000円で食べられるミシェランレストランは、他にはないそうよ。

03.
しょんべん横丁で
一杯ひっかける

新宿駅の西口を出ると、「思い出横丁」っていう路地があるんだけど、ここは日本のノスタルジーな空気感が充満していて、とても狭いスペースにびっしりと、ちょっと“怪しげ”な居酒屋が並んでいるの。みんなは「しょんべん横丁」って呼ぶらしいわ。

でも、ここで地元の人と一緒に焼き鳥を食べながら飲んだお酒は、サイコーの思い出!

04.
原宿の若者ファッションが
おもしろいわ

旅好きオーストラリア人が勧める「東京に来たらやるべき!」15のこと

原宿に行けば、東京の若者のファッション文化に触れることができるの。とくに日曜日がオススメよ。一度見たら忘れることができないくらい派手なファッションに若者がたくさんいるわ。代々木公園に行けば、とても“奇妙な世界”を垣間見ることだってできるはず。

05.
日本発祥の
カプセルホテルに泊まる!

旅好きオーストラリア人が勧める「東京に来たらやるべき!」15のこと

カプセルホテルは日本発祥のもので、海外ではまだなかなか経験することができないの。外国人観光客にとってはあの独特な空間が珍しいし「宇宙船みたいでカッコイイ」とか「安くて快適。素晴らしい」という人も多いみたい。

ただし、閉所恐怖症の人には絶対にオススメできないわ。

06.
メイドカフェにも
たくさんあるのね

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。