ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

EXILE THE SECOND、『ドリームフェスティバル2016』で全13曲を熱演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年7月から3ヶ月連続でシングルをリリースし、約2年半ぶりに活動を本格スタートさせたEXILE THE SECOND。その3枚目となる「WILD WILD WILD」からEXILE AKIRAが新たにメンバーに加わり、6人体制へとパワーアップした彼らが、10月22日~24日の3日間に渡って行われた『テレビ朝日ドリームフェスティバル2016』の最終日に出演した。

この日のライヴはオープニングでは破裂音と共に花火が閃光し、中盤では火柱が吹き上がりまくるなど、まさに激アツ。パワフルさ全開の勇ましく男らしい集団ダンスと、思い思いリズムに乗ってビートを体現するヒップホップなノリを共存させたステージングで、3ヶ月連続シングルの表題曲を含む全13曲を熱演し、会場を興奮と熱狂の渦に巻き込んだ。

10月29日から始まる自身初の単独アリーナツアー『EXILE THE SECOND LIVE TOUR 2016-2017 “WILD WILD WARRIORS”』の前哨戦ともなった今回のライブパフォーマンス。そのツアーに向けた三部作としてリリースされた前述の3ヶ月連続シングルを、このタイミングで改めて振り返ってみたい。

活動再開を機にTHE SECOND from EXILEからEXILE THE SECONDへと改名した彼らだが、THE SECOND from EXILE時代の彼らは、色で例えるならブラックシルバーのような世界観を強く打ち出していた。重厚で荒々しく、ハードでワル。そこには、ぎらつくナイフのような鋭さと妖しさがあった。EXILE THE SECONDでは、その持ち味をキープしながら、明るく華やかな側面もプラス。復活の狼煙を上げた第1弾シングル「Yeah!! Yeah!! Yeah!!」は、黒一色の世界に鮮やかな差し色を加えたとも言えるような変化を伝えてくれる楽曲だった。

軽快なブラスが踊り、カリビアンなパーカッションが打ち鳴らされる同曲は、ファンクディスコのようなグルーヴをベースにしながら、途中にEDMのようなドロップが顔を出すハイブリッドなパーティーチューン。今回のフェスではバンド編成で演奏されたことでファンキー感がより強調され、晴れやかで陽気なステージが展開されていたが、この「陽気で楽しいパーティー感」というのが、新生EXILE THE SECONDを紐解く鍵だろう。その証拠にこのシングルのカップリングには、かつての彼らでは考えられなかったような、ちょっとオバカな感じすらする高速狂宴チューン「Going Crazy」も収録。賑やかなサーカスを彷彿させるような底抜けに楽しいナンバーで、新たな魅力を振りまいている。

三部作第2弾として到着した「Shut up!! Shut up!! Shut up!!」は、昨今アメリカのR&B/ヒップホップ界で再注目されているレゲエのフロウを早くも採り入れ、トラップ×ブロステップなビートと掛け合わせたUSトレンド直輸入ナンバー。トラックは先鋭的な日本産R&B/ヒップホップを数多く手掛けてきた名匠T-Kuraと、美しいメロディー作りに定評のあるJAY’EDが共作している。基本的にはダウンテンポのバウンシーなヒップホップ曲だが、フックに突入する前の部分ではビートが疾走感のある4つ打ちに変化。パフォーマーの見せ場となるブレイクパートもあったりと、緩急のついた展開に目が離せないフロアナンバーに仕上がっている。

三部作のトリを飾った「WILD WILD WILD」は、幕開けの♪オー、オー♪という力強いシンガロングコーラスでオーディエンスの高まる気持ちを鷲づかみにして一気に駆け上がり、ハイスピードなEDM調のドライヴィングビートで発火装置に点火。さらに荒々しいハードロック系のギターが絡みついてボルテージを高めていく激烈エネルギッシュナンバー。EXILE THE SECONDの真骨頂といえる野生味全開の1曲で、彼らのステージには今後絶対欠かせないライヴチューンになるだろう。

さらにこの日は、カップリングの「RAY」をライブ初披露。EXILE SHOKICHIとEXILE NESMITHの甘く柔らかな歌声をフィーチャーしたキレイめEDMチューンで、ブライトリーなサウンドが広い会場を爽快感と開放感でいっぱいにしていた。

先述したが、この日のライブはバンドを引き連れた編成で、CDとはひと味違うテイストを表現してみせたEXILE THE SECOND。メンバーを増強し進化を遂げた彼らは、10月29日にキックオフするアリーナツアーでどんなパフォーマンスを繰り広げてくれるのか。期待値のハードルをグングン上げておいても裏切られないはずだ。

text by 猪又 孝(DO THE MONKEY)

■EXILE THE SECOND LIVE TOUR 2016-2017 “WILD WILD WARRIORS”のツアー情報

http://t-second.jp/live/tour.php?id=1000834

■EXILE THE SECOND オフィシャルHP

http://t-second.jp/





カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP