ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オトコから“都合のいいオンナ”認定される、今すぐ改めるべきNG習慣

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

・男ばかりの飲み会に誘われる

・どちらかと言うと、モテる方だ

・告白されて付き合うけど、長続きしない

すべてに「はい」と答えた人は、もしかしたら男性から“都合のいいオンナ”と思われているかも・・・。

エッセイストの島本了愛さんは、『本気で愛されて、結婚する24の魔法:「運命の人」を引き寄せる恋のレッスン』(学研パブリッシング刊)の中で、“都合のいい女”と思われてしまうことのないよう、恋のアドバイスをしています。

■「女性らしさ」を大事にする

島本さんによると、男は結局のところ、“お嬢さま”が好き。もちろん、家柄や、容姿のことではなく、マナーや教養のある「育ちの良さ」「女性らしさ」が好きなのです。

「この方が、お互い楽だから」といって、男友達と異性を感じさせないような付き合い方をしたり、女として最低限のマナーを疎かにしていては、意中の相手からでさえ「ぞんざいな扱い」を受けてしまうのは、考えてみれば当たり前のこと。

「男性からどう扱われるかは自分次第」と心得て、女性らしさを大切にするのが、良い恋愛を手に入れる何よりのコツなのです。

■一人暮らしでも門限を作る

実家や寮暮らしではなくとも、あえて「門限」を作るのは、良い恋愛相手を選ぶためのコツ。

・男性ばかりの飲み会によく誘われる。

・しかも門限がないから終電後も付き合ってしまう。

・「一応女だから」と、おつまみの取り分けや、飲み物のお代わりも面倒みてしまう。

ここまでくると、「都合のいい女」だと思われるのも仕方のないことです。

一人暮らしでもあえて「門限」を作ることで、あなたの女としての「ガード」を意思表示することができます。また、あなたのことを大事に思っていない男性がいたら、あの手この手で「門限」を破るように誘ってくるはずです。

そういった男性をふるい落として、あなたを大切に考えてくれる人との関係を深めていくのが、良い恋愛をするにはとても大事です。

■「告白」は待ちの姿勢を貫く

「両思い」と、お互いに分かっていたとしても、女性から告白したり、急かすような態度をとるのは避けた方がいいでしょう。

男性が、たとえ“草食系”ではっきりしない態度であっても、「付き合って下さい」とケジメを付けてくれるまでは、女性はあくまでもその男性を「友達」として扱うべきです。

最初に甘やかしてしまうと、それをいいことに色々なものを「なあなあ」「うやむや」で済まそうとする関係ができてしまう恐れがあります。そうなってしまうと、残念ながらその後の進展も望めなくなってしまいます。

優しいだけではなく、男性からの「本気の」愛情を得るためには、ときには「待つ」ことも重要なのです。

 ◇

本書は、本気の恋愛をするためのノウハウ、心構えが解説された一冊。“いつも遊ばれてしまう”、“都合のいい女扱いされてしまう”という人にとっては、役立つアドバイスが見つかるはずです。

(新刊JP編集部)

【関連記事】

元記事はこちら

電車で「足を投げ出して座る人」と「運行中に車内を移動する人」迷惑なのはどっち?

絶対付き合っちゃダメ!出世しないオトコの口癖

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP