体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ネガティブ思考から抜け出したい!今日から実践できる改善方法

ネガティブ思考から抜け出したい!今日から実践できる改善方法
嫌なことやつらいことがあると、ついついネガティブになっちゃいますよね。ネガティブ思考から抜け出したいと思っても、そう簡単にはいきません。

そこで今回はネガティブ思考の原因から脱出するための方法について話したいと思います。

要チェック項目

□ネガティブ思考の原因について

□ネガティブ思考から抜け出すためには?

□失敗を恐れずにたくさんしよう!

ネガティブになってしまう原因

ネガティブ思考から抜け出したい!今日から実践できる改善方法
どうして人はネガティブになってしまうのでしょうか? そこには必ず原因があります。主に考えられる原因をいくつか挙げてみましょう。

・過去にトラウマがある

・幼少期の環境

・失敗が多い

・成功体験が少ない

・行動力がない

上記のことが原因、または積み重なることによって人はネガティブになっていくと考えられます。これらの原因はひとつずつ違うように見えて、実は繋がっている場合が多いです。

例えばですが、〝幼少期〟の頃、私は〝失敗することが多く〟そのたびに親から怒られていました。それが〝トラウマ〟になり、何かに挑戦することが怖くなりました。

次第に〝行動力〟は落ちていき、挑戦することが少ないため〝成功体験〟が少ないのです。そのため物事をやる前から「どうせまた失敗するんだ」とネガティブな気持ちになってしまいます。

こじつけのように聞こえるかもしれませんが、そんなことはありません。上記で挙げた原因のひとつが膨らめば膨らむほど、ネガティブ思考は連鎖するように広がっていくのです。

ネガティブ思考がもたらす体の不調

ネガティブな思考は精神だけでなく、体も蝕んでいきます。ご存知の方も多いと思いますが、人は不安やストレスを抱えると体のいたるところが不調になってきます。

原因不明の腰痛や頭痛、吐き気などは不安やストレスからくることが多く、それらの引き金になっているのがネガティブ思考だと言われることがあります。

昔の人はよく言ったもので「病は気から」とちゃんと私たちに助言してくれているのです。

ネガティブ思考の改善方法

ネガティブ思考から抜け出したい!今日から実践できる改善方法
ではネガティブ思考をやめるにはどうすればいいのでしょうか? 私たちにできることはたくさんあります。

ポジティブな人と会話する

ポジティブな人と会話をすると勇気をもらえます。あなたがマイナスに捉えていたことにも何か突破口や助言をしてくれるでしょう。

また、一度や二度と言わず、定期的に何度も会話することで自然とネガティブ思考から脱却できる可能性があります。

ここで注意しなければいけないのは、ポジティブな人と会話しているときは愚痴や弱音などネガティブな発言をしないことです。

人は同じ波長を持っている人たちと集まりやすい傾向があり、ポジティブな人はポジティブな人たちと、ネガティブな人はネガティブな人たちと集まりやすいのです。

せっかくポジティブな人と出会えても愛想をつかれて逃げられては困ります。うっかりネガティブな発言をしないように注意しましょう。

自分の長所を伸ばす

自分の長所を伸ばすことも大事です。「自分には何も長所がない」という人がいますが、本当にそうでしょうか? おそらくほとんどの方が自分の長所について深く考えていないようです。

長所がないのではなく、見つけていないだけなのです。そもそも長所がないと思っている時点でネガティブな思考に凝り固まっています。

しっかり自分と見つめあって、長所を見つけましょう。そして、その長所を伸ばしていきましょう。

深く考えすぎない

人は誰しも多かれ少なかれ失敗・挫折を経験しています。今、起きた失敗を反省するのはいいですが、過去に起こったことを考えても変えようがありません。

そのとき起こした失敗や挫折は考えないようにし、過去に置いていきましょう。とは言っても、ふと頭によぎることはありますよね。

大事なのは〝深く〟考えすぎないことです。過去の嫌な体験を思い出して、ちょっと嫌な気持ちになったとしても、そこから嫌な気持ちを広げないようにしましょう。

失敗をたくさんしよう

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy