ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

VRで家具などの設置をシミュレーションできるサービスが発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

フィンランドのVividWorks Ltd.は、同社の展開するクラウドサービス「VividPlatform」の拡張機能として、商品やインテリア空間を実物サイズでデザインすることができる「VividHQR」を開発中であることを発表しました。本サービスはVR対応も予定されています。

VividHQRでは、3D空間で家具などの商品を視覚的、直感的に組み立て、色や質感をリアルタイムで選び、実際の使用シーンをシミュレーションすることができます。ショールーム、営業所や展示会などでの利用が想定されています。

www.youtube.com/watch?v=-Ij-H6QdQK4

また、VRヘッドマウントディスプレイ(VRHMD)にも対応するとのことです。VRHMDを装着することにより、バーチャルな空間を自分で動きまわり、好きな視点で商品やインテリア空間を確かめることができます。

なお、本サービスは、2016年10月26日から28日の期間中、東京ビッグサイトで開催されるジャパンホームショーに出展されます。正式発売は、2017年第一四半期を予定しています。

(参考)
VividPlatform
www.vividworks.com/

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP