ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

J・ビーバーがマイク投げステージ去る……言う事聞かない観客に怒

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ジャスティン・ビーバーが英国マンチェスター公演にて、大歓声をあげるファンたちがなかなか静かにしなかったため、マイクを投げ捨てステージから立ち去ってしまうハプニングが起きた。【パーパス・ツアー】におけるマンチェスター・アリーナ公演3デイズの最終日、ビーバーのフラストレーションは頂点に達したようだ。曲と曲の合間には静かにするようファンたちにお願いしたものの効果はなく、ステージを降りたのだ。

 ビーバーは10月23日の夜、オーディエンスに向かって「応援には感謝している。愛に感謝してるし、親切にも感謝してるよ。でも曲の合間に叫ぶのはやめてくれなくちゃ。どうかお願い。僕が何か話そうとしてる時、みんなが叫ぶ必要はないと思うんだ」と話した。しかし、会場の熱狂的なファンたちが悲鳴をあげ続けると、ビーバーはマイクを捨てステージを離れた。BBCによると、彼が立ち去ると同時に一部のファンからはブーイングが起こったという。

 ビーバーは英国ツアー中のファンの騒がしさに苦労していた。先週にもバーミンガムのショーにて、「叫び声はすごく不快なだけ」とし「鎮静剤を飲むように」とファンに言ったことがニュースになっているのだ。

 また、別のショーでも叫び続けるファンにディープな会話をしようと再び試みるも、うまく行かなかった。

 ジャスティン・ビーバーがマイクを投げ捨てステージを去る様子は、下記のツイッター・アカウントで確認できる。同ツアーは現地時間24日にはバーミンガムのゲンティン・アリーナに移動している。

◎ツイッター・アカウント:cara marie @caramhx
「ジャスティン・ビーバー、マンチェスター、マイクが落とされた」
https://twitter.com/caramhx/status/790322901195038720

関連記事リンク(外部サイト)

ジャスティン・ビーバーの新しい蝋人形、マダム・タッソー・ロンドンに登場
ジャスティン・ビーバーがショーン・メンデスの新作を激オシ、「彼の声は僕を笑顔に」
ジャスティン・ビーバーが日本の芸人“ピコ太郎”の動画をシェア

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP