ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

安曇野の観光スポットを厳選!朝ヨガ体験から酒造見学まで、癒やしの旅。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

安曇野は北アルプスの麓に広がる田園風景が美しい場所。都心からも気軽に自然を満喫しに訪ねることができます。そんな安曇野のおすすめスポットをご紹介します。上高地ならこのルートで!

植物の力で元気に!「ラ・カスタナチュラルヒーリングガーデン」

「ラ・カスタナチュラルヒーリングガーデン」は、「植物が持つ生命力と癒し」をコンセプトに、オーガニックの植物を使用してナチュラル化粧品を製造・販売している会社、アルペンローゼ?が運営しているナチュラルガーデンです。「五感で感じるガーデンを目指し、訪れた皆様の心とからだが、より一層元気に美しくなることを願って」造成されているというだけあって、咲き乱れる花々にとても癒される庭園です。園内にはアルプスの清らかな水が流れる小川があり、水の心地よい音を聞きながら、ロックガーデンやウォーターガーデン、シーズンガーデンなど、エリアごとに様々な花を見ることができます。季節ごとに咲く花が異なるので、様々な季節に訪れる楽しみがあります。

ラ・カスタナチュラルヒーリングガーデン公式HPはこちら


歴史を感じる「本陣等々力家」、朝ヨガ体験も!

「本陣等々力家」は江戸時代中期に建設された、松本の藩主が鮭鴨猟の際の休憩所として使用していた建物で、安曇野市有形文化財(旧・穂高町文化財)に指定されています。左右に広がる長屋門が特徴的です。庭園は桃山中期の流れを汲んだ、須弥山石組と呼ばれる様式だそうで、とても美しい日本庭園です。本陣等々力家では、安曇野市観光協会が主催する「朝ヨガ」を体験することもできます。朝の澄んだ空気のなか歴史ある建物で、庭園の池から聞こえる水の音を聞きながら静かに体と向き合う朝ヨガは、心身ともにリラックスすることができるのでおすすめです。穂高駅からあづみ野周遊バスでアクセスすることができます。

本陣等々力家関連HPはこちら


無料の試飲も!“あづみ野の旨い酒”を「EH酒造」で見学

EH酒造は、安曇野の地で江戸時代末期から続く酒蔵「酔園」を引き継ぐ酒造会社です。酒蔵見学では、米の精米から洗米・浸漬・蒸米・酒母造り・発酵などといった行程順に、実際にそれらを行う部屋を見て説明を受けながら、見学することができます。見学後は無料でたくさんの種類の銘酒を試飲させてもらうことができます。お酒があまり得意ではない方でも、安曇野で取れたりんごを使ったお酒など、度数が弱いお酒も教えてもらうことができます。安曇野の地で育ったお酒なので、安曇野を訪ねた良い記念になります。

EH酒造公式HPはこちら


都心からアクセスできる、自然を満喫できるスポット

安曇野は東京駅から電車で3時間弱でアクセスできる、自然豊かな場所です。ただぼんやりと、広大に広がる田園風景を眺めているだけでも癒される場所です。都会の慌ただしい日常に疲れを感じたらぜひ、出かけてみてください!

他にも観光スポットがたくさん!

今回は紹介できませんでしたが、安曇野にはその他にも多くの観光スポットがあります。大王わさび園、安曇野ちひろ美術館、国営アルプスあづみの公園、などなど。ぜひ、美しい田園風景を眺めながら、お気に入りのスポットを見つけてみてください!

関連記事リンク(外部サイト)

ゴッホとゴーギャン展をレポート!展示からみるふたりの本当の関係とは?
いま流行のグランピングを「森と星空のキャンプヴィレッジ」で体験してきた!
「旅の図書館」がリニューアルオープン。研究機関レベルの専門書が無料で読めます

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TRIP'S【トリップス】の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP