ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

グルメに買い物、自然も楽しむ!釜山観光の基本情報とおすすめ観光スポットまとめ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

グルメに買い物、自然も楽しむ!釜山観光の基本情報とおすすめ観光スポットまとめ
Photo credit: Donggeon (Own work) [CC BY-SA 4.0], via Wikimedia Commons

Photo credit: Donggeon (Own work) [CC BY-SA 4.0], via Wikimedia Commons

ソウルに次ぐ韓国第2の都市として知られる釜山(プサン)は、日本からのアクセスも良く、日帰りもできる海外旅行先として人気のエリア。そんな釜山にはグルメ・ショッピング・豊かな自然や絶景など、多くの魅力的なスポットがあります。
今回は、釜山観光に関する基本情報とおすすめの観光スポットについて紹介します。釜山を訪れる際は、ぜひこの記事を参考にして、釜山旅行を満喫しましょう!

関連記事:「韓国屈指の港町!釜山で人気の韓国料理とおすすめグルメスポット30選まとめ」

釜山はどんなところ?

Photo credit: Tom Page (Flickr: IMG_0461.jpg) [CC BY-SA 2.0], via Wikimedia Commons

Photo credit: Tom Page (Flickr: IMG_0461.jpg) [CC BY-SA 2.0], via Wikimedia Commons

韓国の南東部にある釜山は、首都ソウルに次ぐ韓国第2の規模を誇る大都市。釜山は韓国南部の観光拠点として多くの人が訪れ、ショッピングやグルメ、レジャーといったさまざまアクティビティを楽しんでいます。また釜山は文化の発信地としても有名で、映画祭などの国際的なイベントも多く行われているのも魅力ですね。

日本と同様に四季がはっきりとしている釜山ですが、ソウルに比べて夏と冬の温度差が少ない点が特徴です。特に春の時期は気温・湿度ともに過ごしやすく、観光のベストシーズンと言えるでしょう。また日本との時差がほとんどないため、体に負担なく観光を楽しめるのも魅力です。

釜山の地図マップ

釜山への行き方

釜山は日本の各都市をはじめ、韓国国内の都市からのアクセスしやすいエリア。ここでは、それぞれの都市から釜山への行き方を紹介します。

日帰りも可能!日本各地から釜山へのアクセス方法

Photo credit: Shiho Nakano「のんびり船旅で行く、釜山グルメ旅」

Photo credit: Shiho Nakano「のんびり船旅で行く、釜山グルメ旅」

日本各都市から釜山へは船(フェリーや高速船)と飛行機でのアクセスが便利です。出発点によって異なりますが所要時間も2時間前後なので、朝の航空便を利用すれば釜山への日帰り旅行も可能であると言えますね。

成田空港や羽田空港・関西国際空港・中部国際空港をはじめ、日本の主要な空港からは釜山行きの直行便が運行しています。大韓航空やアシアナ航空などの韓国航空会社や日本のANA・JALなどの航空便が本数も多く発着していますね。
また近年では、PEACHなどのLCC(格安航空)による釜山直行便の取り扱いも増加しています。深夜や早朝発着と時間・体力的には少し大変かもしれませんが、航空券の費用を節約したい方はこちらの利用も選択肢の1つと言えるでしょう。
飛行機を利用して釜山へ向かう場合、東京の成田・羽田空港からの所要時間は2時間30分程度、料金は25,000円(最安値)、関西国際空港からの所要時間は1時間30分程度、料金は6,000(最安値)です。

福岡の博多港や山口の下関港から釜山までは、高速船やフェリーが定期的に出着港しています。所要時間は3時間程度と飛行機に比べると少し長いですが、料金は往復1万円以内に抑えることができるので、海の景色を見ながらのんびりと船旅を楽しむのも良いでしょう。また平日限定の割引制度を導入している船会社もあるので、旅行日程が平日の方はこちらの利用も検討してみてください。/p>

ソウルから釜山への行き方

Photo credit: U-ichiro Murakami (http://www.flickr.com/photos/ccfarmer/11183941644/) [CC BY-SA 2.0], via Wikimedia Commons

Photo credit: U-ichiro Murakami (http://www.flickr.com/photos/ccfarmer/11183941644/) [CC BY-SA 2.0], via Wikimedia Commons

ソウルから釜山へ移動する方法として、韓国高速鉄道「KTX」を利用する方法と、国内便の飛行機を利用する方法があります。

飛行機を利用する場合、所要時間は1時間程度。料金は6,000円ほどです。1日に40便程度運航しますので、時間を選ばずに利用することが出来るのが特徴です。
韓国高速鉄道のKTXは、天候の影響を受けることも少なく、現在は飛行機移動よりポピュラーな移動手段として親しまれています。1時間に1〜2本程度運行しているので、車窓から見える景色を楽しみながらのんびりと向かうことができます。ソウルから釜山までKTXを利用した場合、所要時間は約3時間、料金は4,000円程度です。

釜山の交通事情は?観光に便利な乗り物を紹介

Photo credit:  LERK [CC BY-SA 3.0, CC BY-SA 2.1 jp, GFDL, CC BY 3.0 or CC BY 2.1 jp], via Wikimedia Commons

Photo credit:
LERK [CC BY-SA 3.0, CC BY-SA 2.1 jp, GFDL, CC BY 3.0 or CC BY 2.1 jp], via Wikimedia Commons

タクシー

初めての釜山観光で公共交通機関の乗換がよく分からないという方には、タクシーを利用するのも良いでしょう。目的地まで直接送迎してくれるので、迷う心配も低いといえますね。
釜山のタクシーは一般タクシーと釜山市指定の灯台コールという2社のほか、サービスの充実した模範タクシーが運航しています。灯台コールは釜山市の選抜基準を満たしたタクシーのみが登録できるので、安心して乗車することができるとして観光客に人気です。また運賃は割高になりますが、英語や日本語を話せる乗務員がいる模範タクシーを選ぶのも良いでしょう。
路上を走行しているタクシーの中には、料金のボッタクリを行う違法タクシーに当たる可能性もあります。タクシーを利用する際は、タクシー乗り場から乗車するのが安全と言えるでしょう。またハングルで行き先を書いたメモを用意したり、目的地に着いた時は”STOP”など明確に意思表示をすると、より確実に目的地に到着できますよ。

地下鉄

地下鉄は釜山で最もポピュラーな移動手段。空港から釜山市内をはじめ、海雲台(ヘウンデ)や南浦洞(ナンポド)といった人気観光エリアへ向かう際も地下鉄が便利です。路線の数も少なく、日本の大都市と比較すると乗り換えが複雑でないといえるでしょう。
また各駅の券売機では公共機関の料金やコンビニなどでの支払いに対応しているT-moneyやハナロカードの販売も行っているので、こちらもチェックしてみてください。これらの交通系ICカードを持っていると運賃料金が割引になるので、積極的に活用していくことをおすすめします。

観光バス

釜山市内の観光スポットを回る際は、釜山シティツアーバスが提供する観光バスがおすすめです。釜山の主要観光名所を効率よく回ってくれるほか、好きな停留所での乗降が自由というのも嬉しいポイントですね。
車内では日本語による案内放送や名所の紹介も行われています。また写真撮影の時間も設けられているので、釜山の観光スポットをカメラに収めるのも良いですね。コースによって料金や所要時間が変わるので、詳しく釜山シティツアーバスの公式サイトを参照してください。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。