ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

気づきにくい歯科金属アレルギー 謎の体調不良は銀歯が原因かも?

  • ガジェット通信を≫


奥歯がむし歯になってしまって、削って詰め物として銀歯になっていらっしゃるかたも多いと思います。

銀歯が存在するのは実は日本だけらしく、この銀によって「歯科金属アレルギー」を引き起こす場合も。

そこで今回は「歯科金属アレルギー」について、医師に解説をしていただきました。

銀歯とは


金、銀、パラジウムの合金で作られている被せ物です。いわゆる銀歯が存在するのは、世界の中で日本だけです。

その昔、国民皆保険制度の成り立ちと共に安く安価で加工しやすい材料という事で日本特有の銀歯が開発されたのです。

金属アレルギーとは

体には異物に対し、抗体を作って守ろうとする働きがありますが、この機能がうまくいかなくなると過剰反応としてアレルギーがでます。

金属アレルギーは大きく分けて接触性皮膚炎と全身型金属アレルギーとに大別されます。

歯科金属アレルギーの特徴

■銀歯や入れ歯に使われている金属は、長い年月をかけて体に蓄積されていく

■口腔内だけでなく、体の色々な部分に掌蹠膿疱症などの症状として出ることもある

■気づかれにくい

■多種の金属を口腔内に入れると、金属がイオン化しやすく金属アレルギーが起こりやすい

歯科金属アレルギーの症状

口内炎・舌炎

口腔粘膜の発赤、乾燥、舌の亀裂等、 口腔内の異常となって現れる場合があります。

味覚障害

口の中が粘つき、味覚障害がおこることがあります。異種金属、例えば金歯と、銀歯と、コバルトクロム等、種類の違う金属を口腔内に入れると微細な電流が流れ味覚障害を生じたり、金属アレルギーの原因を作ってしまうことにつながります。

掌蹠膿疱症

手のひらや足の裏にプツプツとした水泡ができたり、かさぶたのようなものができたりします。

他にも以下のような症状があらわれることもあります。

・脱毛症

・アトピー性皮膚炎

・扁平苔癬

・天疱瘡

・エリテマトーデス

・シェーグレン症候群

・血管浮腫

歯科金属アレルギーの検査

パッチテスト

皮膚科で行う場合が多く、アレルギーの疑いがある試薬を肌につけて反応をみます。

口腔内検査

視診やレントゲンにより、口腔内と歯の状態や金属があるかのチェックを行います。

歯科金属検査

詰め物やかぶせものの変色している場合に、金属の漏出度や帯電試験を行います。

毛髪検査

頭髪に蓄積されている有害金属の測定をします。

唾液検査

唾液分泌量やpHの測定をします。

メインはパッチテストです。

歯科金属アレルギーの治療

金属の装飾品、歯科金属、銀歯等を取り除き、除去する抗原除去療法が一般的ですが、取り除いたからといってすぐに症状が改善されるわけではなく、体内に蓄積した金属イオンは長い年月残完全に治ることは少ないです。

また、原因金属を取り除いたことで一時的に症状が強くなり、その後徐々に改善していくこともあります。 メタルフリー治療、例えば金属を取り除いてセラミックのかぶせものに変える治療を徐々に行う必要な場合もあります。

金属アレルギーは長年蓄積して、突如症状として現れるため、ならないための予防が必要です。

歯科医師からのアドバイス

症状すべて歯科の金属だけが原因で起こるわけではなく、またアレルギー検査の結果陽性の金属が口腔内に入っているからといって、 本当にそれが今出ているアレルギー症状の原因とは限りません。

また、金属が原因の場合も外したからすぐ改善されるわけではなく、長い期間かけて蓄積されたアレルゲンは ながく体内に残るのです。 詳しい検査を受け、今後の治療について 専門の歯科医師との相談が必須です。

(監修:Doctors Me 歯科医師)

関連記事リンク(外部サイト)

歯科医師が実践している!綺麗な歯を保つ5つの習慣
デンタルフロスは本当に効果があるの?歯科医師が教えるメリット&デメリット
12歳頃から治療OK! 歯の「ブリッジ」治療について、教えてドクター!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP