ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

呉智英氏 共産主義を知るには反共主義者から学べ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ソビエト連邦が消滅してから25年が経つ。当然、徐々に社会主義や共産主義に対する関心が薄れていったのだが、最近は北朝鮮や中国に関するニュースが増えたことで、再び共産主義に興味を持つ若者が少なくないらしい。評論家の呉智英氏も、学生から共産主義のことがわかる本はないでしょうかと聞かれることが増えている。共産主義の魅力も弱点もわかる概説書を、呉氏が紹介する。

 * * *
 最近、学生から「先生、共産主義の概説書のいい本はありませんか」と聞かれることがよくある。社会運動だの支那や北朝鮮の動向だのが報じられる割に、その根底にあるらしい共産主義が、真偽も含めて分かりにくいのだろう。

 でも、概説書って……。日本共産党の出している共産主義入門のたぐいか。真逆!(「まさか」と正しく読んでね)。そんなもの読んだって無知の地獄へ真逆様だ(「まっさかさま」と正しく読んでね)。となると、そうだ、優れた反共主義者が書いた名著があった。

 一つは、小泉信三『共産主義批判の常識』(1949年刊、後に文庫、全集)である。

 私は1960年頃、中学生の時、父の本棚にこれを見つけて読んだ。そして、これを共産主義の入門書だと誤読した。『共産主義・批判の常識』だとしか思えなかったのだ。つまり、共産主義は社会批判の常識である、という本だと、愚かな中坊は思った。共産主義の弱点も指摘してあるけれど、なぜ共産主義が多くの人を魅了するのかについても詳論してある。後に再読してみると、序文にこうあった。

「これを読んでますます共産主義の確信を堅めたというものがあっても、それもやむを得ない」。

 この度量と教養。感嘆した。

 もう一冊が猪木正道『共産主義の系譜』(1949年刊、1948年に増補版、後に著作集)。

 猪木の著作は、1970年頃、古本屋の均一棚で『読書の伴侶』という座談集を見つけて読んだ。しきりに共産主義文献を推薦しているので奇異な感じがした。というのは、その年、猪木は防衛大学校長に就任していたからである。右翼は、防大はソ連のスパイに乗っ取られたと批判していた。さすがにそんなことはないだろうとは思ったが、そういう言いがかりをつけられる面もあると思った。私は中坊の時も愚かだったし、大坊になっても愚かだった。

 猪木の主著『共産主義の系譜』を読んだのは、その二十年ほど後のことである。既にソ連・東欧の共産主義は崩壊していた。しかし、逆にこの本によって共産主義の軌跡が的確な見取図のように把握できた。十九世紀中葉のドイツの政治状況・思想状況から始まり、二十世紀初めのロシヤにおける共産主義の伸長が見事に分析されている。カウツキーがなぜ駄目だったか、トロツキーがどう脆弱だったか批判する視点など、日ソ両共産党のカウツキー批判、トロツキー批判よりむしろ鋭利なほどである。

 しかし、猪木のこの本の優れているところは、政治論・運動論として共産主義の強さを客観的に認識していながら、哲学にまで遡って根源的に批判している点である。

 猪木は言う。「歴史においてただ一回しか生起しない個別的な人格の本質は、マルクスにとって永遠の謎にとどまっている」。「民衆は貧賤であればあるほど、無知であればあるほど、かえって貴いというニヒリズムがある」。ここにこそ共産主義の恐怖の淵源があるとする。これが哲学史を踏まえた卓見であることは、四十代半ばの私にはちゃんと分かった。

●くれ・ともふさ/1946年生まれ。日本マンガ学会前会長。著書に『バカにつける薬』『つぎはぎ仏教入門』など多数。

※週刊ポスト2016年11月4日号

【関連記事】
北朝鮮・金ファミリーの世襲正当化に中国のネットで猛烈批判
西安事件の張学良 蒋介石ら国民党が共産党に負けた理由語る
志位和夫氏 共産党が政権とっても民主主義破壊することない

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。