ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自動車運転補助装置で両肢が不自由な女性が外出に前向きに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「自力では立ち上がることも困難で、室内の移動は松葉づえか四つん這い。屋外は車いすです。三輪車にも乗ったことがない私が、本当にクルマなんて運転できるのかと思いましたけど、母や友人にずっと頼るわけにもいかない。必要に迫られての行動は、なんとかなるものですね。道をなかなか覚えられなかったのは困りましたけど(笑い)」

 宮嶋彩さん(32才)は先天性脳性麻痺で両肢が不自由になった。宮嶋さんが免許を取ったのは、就職が決まり、通勤手段として車が必要になったからだった。

「クルマがないとどこへも行けないんですよ、田舎ですから。かといって、母も仕事をもっていますから、送り迎えを頼むのも申し訳なく思ったんです。それまで、遊びに行く時は友達のクルマに同乗させてもらってましたけど、さすがに通勤や遠出は頼めないですからね。やむなく…というのが本音でした」(宮嶋さん・以下「」内同)

 実際に免許を取り、自分のクルマを運転するようになると、「自分の都合で移動できるって便利」と痛感した。

「今度は私が友達を乗せてあげたり、母とお出かけしたり。自分の意思で行動できるから、何でも“やってみよう!”って気になる。世界が広がりました」

※女性セブン2016年11月3日号

【関連記事】
宮嶋茂樹氏が選ぶ抜群戦争映画は『ブラックホーク・ダウン』
徳大寺有恒氏 芸術の街で1500万円のベントレー買った過去
若者のクルマ離れ幻想か 機能性重視で「クルマ欲しい」7割

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。