ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

押切もえ 速水御舟作『炎舞』を観てチャレンジ精神に感服

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ナマの日本美術を観に行こう」と始まった大人の修学旅行シリーズ。今回は、明治末から昭和初期に活躍した速水御舟(はやみ・ぎょしゅう)。40年という短い生涯を通して、日本画の新たな表現に挑み続けた画家だ。120点の御舟作品を所蔵し、「御舟美術館」として親しまれる山種美術館で開催中の特別展を、明治学院大学教授で美術史家の山下裕二氏と、絵画は「二科展」に今年で2年連続入選したモデル・作家の押切もえさんが観覧。晩年までの画業の軌跡を辿った

山下:押切さんは普段から絵画展へ足を運ばれるそうですね。日本画もご覧になられますか。

押切:物のあり方や美しさを繊細にさりげなく表現する日本画の素晴らしさに開眼して、最近はよく観ます。山種美術館へも訪れたことがありましたが、御舟の最高傑作とされる『炎舞』は今回初めて鑑賞しました。画集ではもっと激しい赤色に感じましたが、実物は淡さがあってとても幻想的です。

山下:絹地に描かれているからこそ、しっとりとした絵肌が魅力的ですよね。

押切:淡い色味ですが、今にも炎が動き出しそう。轟々とではなく、音もなく燃え上がるイメージですね。観ていると、そんな情景が浮かび上がるのですから凄い絵だと思いました。

山下:ぞっとするような絵でもあります。炎の描き方は仏画や絵巻など古い様式を踏襲していますが、御舟は熱心に焚き火を観察したそうで、煙が渦巻く様子などはその賜物でしょう。絵自体が発光しているような、不思議な感覚にとらわれます。

押切:絵を観て火事と勘違いした人がいたという逸話があるそうですが、納得します。暗闇に浮かぶ炎と蛾という、一見すると子供の頃に怖かった2つがこうして美しく映るのは、命あるものが消えていく儚さや切なさが闇の中に薄く溶けゆくように感じられるからでしょうか。

山下:仏教的な無常観ですね。御舟は試行錯誤を重ね、すさまじい努力でこの表現を突き詰めました。

押切:対照的に、『桃花』には強い生命力を感じます。つぼみや画面を横切るように描かれた枝に、「まだ伸びていくんだ」という逞しさや可能性が満ちています。

山下:御舟は、「梯子の頂上に登る勇気は貴い、更にそこから降りて来て、再び登り返す勇気を持つ者は更に貴い」と話しています。繰り返しを嫌い、常に新しい画風を求めて自己変革を続けた。『翠苔緑芝』の紫陽花の表面がひび割れているのは御舟独自の技法で、絵の具に何か薬品を混ぜたようだし、『名樹散椿』では金泥を塗ったり金箔を貼ったりした金地ではなく、金砂子(きんすなご)を大量に撒いた「蒔きつぶし」技法を試みています。継ぎ目がなく、これほど完璧にスーパーフラットな金地は他に類を見ません。

押切:私も絵を描いたり小説を書いたりしますが、モデルの梯子を降りきらずに別の梯子を登るように挑戦したい。御舟のチャレンジ精神にはつくづく感心します。

◆押切もえ(おしきり・もえ):1979年生まれ。モデル、作家。読者モデルを経て、雑誌『AneCan』の専属モデルに。2016年に小説『永遠とは違う一日』が山本周五郎賞候補に。絵画は「二科展」に今年で2年連続入選。

◆山下裕二(やました・ゆうじ):1958年生まれ。明治学院大学教授。美術史家。『日本美術全集』(全20巻・小学館刊)の監修を務める。笑いを交えた親しみやすい語り口と鋭い視点で日本美術を応援する。

撮影■太田真三 構成■渡部美也

※週刊ポスト2016年11月4日号

【関連記事】
華麗な容姿の人気モデル・相沢紗世 瞳と美脚を撮り下ろし
ピカソの絵は何故高い?その疑問に多角的に迫る芸術論の本
ジブリや藤子・Fなど全国「マンガ美術館」紹介するガイド書

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP