ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

脚だけで運転する車 ペダルに固定された靴でハンドル操作

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 愛知県常滑市で中部電力の特例子会社、中電ウイングで印刷職に就く都築弘さん(36才)は、生まれつき両腕をもたずに生まれた。原因は不明。

 物心ついたころからクルマが大好きで、早く大人になって免許を取って車を買う、と決めていた。両腕がないことがそんなに大きな問題だと思わなかったという。ホンダの運転補助装置「フランツシステム」に、出合ったのは14年ほど前。

「免許を取るにはどうすればいいかを聞きに、福祉車両普及促進のイベントに行き、フランツシステム搭載の『シビック』を見たんです。すぐに免許を取りに行きましたね」

 いわゆる自操車は、架装(装備)部分はオーダーメード。運転する人の身体の状況などに合わせ、注文があってから作り始める。

 ステアリングはペダルで操作。ペダルに固定された靴をはき、自転車のペダルをこぐように回せばハンドルが回る。そのほか膝など、フランツシステムは脚だけを使って運転する。

「初めて自分のクルマに乗ったときは、風が気持ちよかったですねえ。それまでは、誰かに乗せてもらうばかりで肩身の狭い思いもしましたが、ようやくこれで、人のクルマに乗せてもらう必要はなくなった…と、うれしかったです」

 妻の寛子さん(36才)との間には長女・樹(4才)ちゃんがいる。寛子さんは「彼の運転はとても快適で、すぐにウトウトしちゃうんですよね(笑い)」

「クルマは“自由”なんですよ。夜中でも早朝でも思い立ったら出発できる。北海道など遠方だって、運転が大好きだから苦にならない。とにかく自分にとってはなくてはならないものですね」(都築さん)

※女性セブン2016年11月3日号

【関連記事】
40代教習所通い作家「青=人が渡る」の認識ぬけず運転苦悩
自動車運転補助装置で両肢が不自由な女性が外出に前向きに
自動車評論家・徳大寺有恒氏 「16歳から運転していた」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。