体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

見ているだけで幸せ!ヨーロッパの最も美しい広場5選

ヨーロッパを旅すると必ず出会う広場。特に中世の面影をとどめる街では、今も昔も人々が集う広場が街の中心です。見ているだけで幸せな気分になれる、街の魅力が凝縮されたヨーロッパの美しい広場5つをご紹介します。

グランプラス(ブリュッセル・ベルギー)

見ているだけで幸せ!ヨーロッパの最も美しい広場5選
「世界一美しい広場」との呼び声高いのが、ベルギーの首都ブリュッセルの中心部にあるグランプラス。フランスの詩人ジャン・コクトーが「豊穣なる劇場」、文豪ヴィクトル・ユゴーが「世界で最も豪華な広場」と称賛したという世界遺産の広場です。

見ているだけで幸せ!ヨーロッパの最も美しい広場5選

見ているだけで幸せ!ヨーロッパの最も美しい広場5選
1455年に建てられた市庁舎を中心に、「ギルド」と呼ばれる同業組合の館「ギルドハウス」が立ち並び、中世の街の様子を今に伝えています。

見ているだけで幸せ!ヨーロッパの最も美しい広場5選
縦およそ110m、横70mと意外に小さな空間ですが、華麗なゴシック様式とバロック様式の歴史的建造物に囲まれた空間はまるで小宇宙。屋根や欄干など建物のあちこちに施された精巧かつ優雅な装飾の数々は芸術品です。

一度広場の隅に腰を下ろせば、圧倒的な美しさに引き込まれ、いつまでも眺めていたくなってしまうはず。ただ眺めているだけで贅沢な時間が味わえる、至高の空間です。

旧市場広場(ヴロツワフ・ポーランド)

見ているだけで幸せ!ヨーロッパの最も美しい広場5選
ポーランド西部、シロンスク地方の中心都市ヴロツワフ。街の中心部にある旧市街広場はポーランドを代表する中世市場のひとつ。隣接するこじんまりとした「塩の広場」とともに13世紀なかばにつくられたといわれています。

見ているだけで幸せ!ヨーロッパの最も美しい広場5選

見ているだけで幸せ!ヨーロッパの最も美しい広場5選
カラフルでメルヘンチックな建物の数々が広場をぐるりと取り囲む光景はさながらおとぎの世界。なかでも目を引くのが、1290~1504年にかけて建設された、複雑なシルエットをもつ後期ゴシック様式の市庁舎。角度によってまったく違う建物のように見えるほど多彩な表情を見せてくれるその姿には、いつまでも眺めていたくなるほどに魅了されてしまいます。

見ているだけで幸せ!ヨーロッパの最も美しい広場5選
市内に250体以上の小人像が点在し、「小人の街」としても知られるヴロツワフ。もちろんこの旧市場広場にも小人の姿があります。小人を探しながら歩けばメルヘンな街歩きがよりいっそう楽しくなりますよ。

■あわせて読みたい
「世界一豪華な広場」ベルギーの世界遺産、グランプラスが美しすぎる
【現地ルポ】線路にアウトドアチェア!パリの旧車両基地がお洒落な広場に
【世界遺産】モラビアの真珠、テルチの「世界一美しい広場」
【モロッコ】光が灯り活気が満ちる、砂漠の理想郷「ジャマ・エル・フナ広場」

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy