体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

秋はアクティブに楽しもう!11月の佐賀旅行おすすめ20選はココ!

秋はアクティブに楽しもう!11月の佐賀旅行おすすめ20選はココ! 佐賀

秋真っ最中、11月の佐賀でしかできない体験を満喫しよう!

モデルになった歌や小説など、メディアに取り上げられることも多い佐賀県。

観光地が豊富で温泉もあり、佐賀牛や素敵な焼き物が名産品。想い出もお土産も残せてお得感が大きい!

秋の旅行に繰り出すなら、歴史散策に温泉にお土産豊富な佐賀で決まり!

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

宗庵よこ長

宗庵よこ長

出典:http://www.jalan.net/gourmet/grm_guide000000153943/photo/

嬉野名物の温泉湯豆腐の元祖がこの店。嬉野温泉の弱アルカリ性のお湯が、豆腐を溶かし、湯汁の豆腐汁と絡んで旨味を引き出す。一方、豆腐が溶けだすためその汁が白濁し、相乗効果によってより一層おいしくなっているという。温泉につかったあとに、「よこ長」で温泉湯豆腐というコースが一番の贅沢!温泉の滋養がたっぷり、とろりとした湯豆腐。(じゃらん現地スタッフの耳より情報)

\口コミ ピックアップ/

元祖湯豆腐のお店。

あっさりコクがあるスープに入った湯豆腐は、とろとろクリーミーで体も心も温まります。

そしてそのスープは、温泉水と出汁が混ざり合って、最高に美味しいです。

(行った時期:2016年7月)

温かい豆腐が苦手だったんですが、嬉野に来たからには湯豆腐と思い足を運びました。

なんというか、今までの温かい豆腐のイメージが吹っ飛びペロッと食べちゃいました。

次から次にお客さんも入っていました。

お昼の時間は並ばないと入れないかもしれません。

でも本当美味しいんで並んで食べる価値あると思います。

ボリューム満点ですよ^^

(行った時期:2009年4月) 宗庵よこ長

住所/佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙2190

「宗庵よこ長」の詳細はこちら

嬉野温泉

嬉野温泉

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_41443cd2110077065/photo/

茶畑に囲まれた田園情緒豊かな温泉である。長崎自動車道開通後は団体客はもとより,小グループや家族連れによる利用客も多くなっている。表通りから嬉野川側に入ると旅館が立ち並び,しっとりとした落ち着きもある。

\口コミ ピックアップ/

昔ながらの商店街があり、小さい飲み屋も多く一人でも楽しめる街です。どの旅館でも朝食に出される温泉湯豆腐は嬉野名物だけあって他では食べることができません。

(行った時期:2013年11月19日)

温泉街を散策しながら、ビール買ったりアイスクリーム食べながら足湯に浸かってのんびりできます。

季節ごとにイベントをマメに開催しているので、それに合わせて行くのが楽しみです。

(行った時期:2016年9月) 嬉野温泉

住所/佐賀県嬉野市嬉野町 大字下宿乙

「嬉野温泉」の詳細はこちら

波戸岬サザエのつぼ焼き売店

波戸岬サザエのつぼ焼き売店

出典:http://www.jalan.net/gourmet/grm_guide000000164509/photo/

1 2 3 4 5 6 7次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。