体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ドリームフェスティバル2016」熱狂の3日間で延べ33,000人動員、来年1月に一挙5時間放送

「ドリームフェスティバル2016」熱狂の3日間で延べ33,000人動員、来年1月に一挙5時間放送

10月22日から24日の3日間、東京・国立代々木第一体育館にて今年で6回目の開催となる「テレビ朝日ドリームフェスティバル 2016」が行われた。今年も豪華アーティストのスペシャルなステージとなった同公演が、来年1月にテレ朝チャンネル1にて一挙5時間放送することが決定した。

今回は4年ぶりの参加となるGLAYをはじめ、T.M.Revolution、星野 源といった豪華アーティスト総勢14組が出演。3日目である24日は、ドリームフェスティバル最多出演となる、三代目 J Soul Brothersと、今回初参加のEXILE THE SECONDが競演するスペシャルナイトとなった。

ライブレポート―1日目―
ライブレポート―2日目―
ライブレポート―スペシャルナイト―

「ドリームフェスティバル2016」熱狂の3日間で延べ33,000人動員、来年1月に一挙5時間放送(2/4)

ライブレポート―1日目―

6回目となる「テレビ朝日ドリームフェスティバル 2016」の1日目オープニングを華々しく飾るのはT.M.Revolution。荘厳なSEがスタートを待ち望む満員の観客の気持ちを高め赤いレーザーが飛び交うなか、「おっぱじめんぞー!」と登場しライブがスタート。1曲目「Inherit the Force」から「LEVEL4」「HIGH PRESSURE」で観客を煽る。

続く「WHITE BREATH」では大合唱が巻き起こり「HOT LIMIT」では満員の観客が踊りまくった。20周年を迎えたT.M.Revolutionだが、今年で放送30周年となった「MUSIC STATION」に初出演したのは、この日も披露した「HIGH PRESSURE」だったという。「そこから随分とシングルを出してきましたが、その頃と同じ気持ちでステージに立てていて。今日ここでみんなと出会えたことに感謝しているし、音楽ってまだまだ力があるなっていうものを証明できるような3日間にしたいと思います!」と語るとラストの「HEART OF SWORD」へ。ステージを縦横無尽に走り回り、益々力強さを増したボーカルはとにかく圧巻で、しょっぱなから満員の会場を一つにしてくれた。

この日紅一点のSCANDALは、なんと当日(10月22日)がデビュー8周年の記念日だったという。この日は「せっかくなので」(Vo/G.HARUNA)、とデビュー曲「DOLL」を披露。この日はランウエイ等をつかうことなくセンターステージのみを使用した演奏。国内海外でLIVEをこなしてきたロックバンド・SCANDALの音をオーディエンスにしっかり届けるかのように、パワフルキュートに会場を盛り上げた。

今回ドリフェス初参加となるBLUE ENCOUNT。先日初の日本武道館ワンマンを成功させたばかりの彼らだが、今回の出演に関して「出れたことが嬉しいんです。でも、こんな無名なバンドが、全然ヒット曲も書いてねえようなバンドが、こうやってすげえフェスに出られるっていうだけで、このフェス、まさに夢があると思います!」(Vo. 田邊駿一)と語り、新曲である「LAST HERO」を含む全6曲を披露した。

中学時代にバンドを組んで初めてコピーした曲が、この日のトリを務めるGLAYの「SOUL LOVE」であったエピソードを、まるでバンド少年に戻ったかのように生き生きと明かす高橋 優が登場。「今日は本当にドリームな1日を過ごさせていただいてます!」と心底嬉しそうに語る。1曲目「福笑い」からラストナンバーである「明日はきっといい日になる」まで、時に熱く、時にロックに激しく、そしていつものとびきりの笑顔で歌い上げ、この日初見であろう観客の心もつかんでいた。

昨年に続いてドリフェス2年連続出場のback numberが登場。「クリスマスソング」、そして続く大切な人との別れを歌ったバラードナンバーである新曲「ハッピーエンド」を披露。「僕らの曲って、大袈裟なものがないというか。基本的に、気になっている女の子が自分のことを好きなのかどうかってことばっかりなんですよね。たまに違う歌も歌いますけど。でも、みんなそういう経験ってしてるでしょ?伝わればいいなと思ってます」(Vo.Gu.清水依与吏)という言葉通り、観客はそれぞれの思いを胸に、彼らの曲に酔いしれた。

1 2 3次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy