ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東京カルチャー40年を振り返る「今夜はブギー・バック(smooth rap)」豪華メドレーカバーMV公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫
東京カルチャー40年を振り返る「今夜はブギー・バック(smooth rap)」豪華メドレーカバーMV公開

“TOKYOカルチャー40年”を彩ってきた15ジャンル17組のアーティストが一挙集結し、東京のファッション史40年分を5分にまとめたミュージックビデオ、「TOKYO CULTURE STORY 今夜はブギー・バック(smooth rap)」が公開された。

各年代を代表するファッションが凝縮されたこの動画は、ビームスの創業40周年を記念して制作され、ファッションと同時にTOKYOのカルチャーシーンを語るには欠かせない時代ごとのシーンを象徴するアーティストが集結。森高千里、HUSKING BEE、初音ミク、YONCE(Suchmos)を始めとした総勢17組15ジャンルのアーティストが出演し、東京のストリートシーンを代表するスチャダラパーの『今夜はブギー・バック(smooth rap)』をメドレー形式でカバーしている。

東京カルチャー40年の軌跡を音楽から振り返るに当たり、当時流行した音楽ジャンルと、背景にあるシーン の変遷を徹底分析し、全15の音楽シーンに分解。それぞれの音楽シーンを代表するアーティストへの度重なる交渉を経て、今回の夢の豪華共演が実現した。

編曲は浜崎あゆみ、 SMAP、DREAMS COME TRUEらを手がけ、世界を舞台に活躍するサウンドプロデューサー・編曲家・作曲家のCMJK.が担当。音楽監督はCM、Web、映画、アーティストの音楽プロデュースを手がける美登浩二が担当している。

TOKYO CULTURE STORY「今夜はブギー・バック(smooth rap) in 40 YEARS OF TOKYO FASHION & MUSIC」presented by BEAMS

「TOKYO CULTURE STORY 今夜はブギー・バック(smooth rap)」参加アーティスト
・1970’s シティ・ポップ
南 佳孝
・1980’s ニューウェーブ
戸川純(JUN TOGAWA)
・1980’s ロックンロール
SEIJI(GUITARWOLF)
・1980’s ダブ
こだま和文(ex. MUTE BEAT)
・1980’s ダンス・ポップ
森高 千里
・1980’s オルタナティブ・ロック
EY∃(BOREDOMES)
・1990’s 渋谷系
野宮真貴
・1990’s ヒップホップ
サイプレス上野
高木完
・1990’s メロコア
HUSKING BEE
・2000’s テクノ/エレクトロニカ
ナカコー(LAMA/ex.SUPERCAR)
フルカワミキ (LAMA/ex.SUPERCAR)
・2000’s ポストロック
クラムボン
・2000’s ボーカロイド
sasakure.UK
初音ミク
・2010’s アイドル
チームしゃちほこ
・2010’s クラウド・ラップ
仮谷せいら
tofubeats
・2010’s アシッド・ジャズ/ロック
YONCE(Suchmos)

関連リンク

「TOKYO CULTURE STORY」公式ウェブサイトtokyoculturestory.com

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。